Post

        

「中止にさえならなければ、暴風雨でも」と関係者

category - NewsWire
2017/ 09/ 15
                 
「ただの雨だけなら歓迎なんだけど、怖いのは中止。
なんせ、予報が暴風雨だから」

そんな話が盛んにされているトレセン。
日曜日に阪神に出走予定の各厩舎は心配する声も。

逆に大喜びのKや、
「一発の可能性が出てきた」
と歓迎のHの話もありますが、こちらは押さえまで。

注目の穴馬は別にいますから、先週以上に盛り上がれそうです。

特に気をつけたいのは道悪の血統巧拙。
まだ2週目。

夏場のケアが良く、いい状態の馬場。
特に中山は5か月間寝かしていたこと、そして今の馬場は昔に比べ、かなり丈夫。

そう簡単にどうしようもない状態にはなりません。

しかし、そうでありながら、すぐに血統に頼りがちになるのは危険。

散々崩された後の月曜日の阪神くらいなら気にしたほうがいいでしょうが、意外と道悪血統はあてにしないほうが正解。

ハービンジャーあたりに飛びつく人もいますが、そんなに道悪でいい思いができるタイプではないですから。

陣営がもうひとつ気にしているのが、月曜日の中山への輸送。
「台風とツーリングなんてしたくはねえからなあ」

鷹野輸送のドライバーもそうですが、馬にもストレスのかかる雨の輸送。
道路事情も関係するだけに、このあたりも気にしたほうがいいかもしれません。

我々はあらゆる方法を駆使し、勝利を確保しますのでご安心を。

第2週。
開幕週でプラスを確保している我々としても、2週目はさらに戦いやすい状態。

今週も結果だけを追求し、勝てる情報だけを配信してまいります。

通常枠は残りわずかですが、当日枠での受付もできますので、御検討ください。

その答えが正しきことであることを3日間で我々が証明してみせます。

どうぞよろしくお願いいたします。

SS17
                         
                                  

コメント

非公開コメント