Post

        

函館記念の勝算はこのポイントに

category - TMの独り言
2017/ 07/ 14
                 
今週の重賞は函館記念。

荒れるハンデ戦ですっかりおなじみの重賞です。

先週の七夕賞でもあった声ですが、函館記念に関してもまた、関係者からは不満の声が出ているとのこと。

先週の七夕賞では
「どう考えてもゼーヴィントの斤量はおかしい」
という声が多数。

あの実績であの斤量。

マイネルやマルターズの陣営でなくても、納得できなかった人は多かったでしょう。

特にマイネルは2着と悔しい思いをしましたからなおさら。

今回の巴賞組も同様。

「サトノアレスの据え置きはないだろ」

「4着のダンツプリウスが据え置きで、勝ったサトノも据え置き。
2着が1k、3着が2k減って、どう考えたっておかしいだろ」

と不満の様子。

日本のハンデは1戦や2戦で変わることはなく、どんなに不調でも過去に実績があれば斤量が減らないという悪い慣習がありますが、ここも然り。

ステイインシアトルとツクバアズマオーが1k増。
マイネルミラノが58k据えというのですから、これはまあ、ひどいハンデと言わざるを得ません。

ただ、そこからハッキリと見えてくることがひとつ。

それが今回の答えになりそうです。

勘のいい人ならお気づきかもしれませんが、この函館記念は、そこからの1点突破で。

好配当を決め打ちしますから、ご期待ください。

馬連で結構。
JDD以上に魅力ある結果にしたいと思います。
                         
                                  

コメント

非公開コメント