Post

        

アーリントンC,調教分析

category - NewsWire
2015/ 02/ 26
                 

11R
第24回 アーリントンカップ(GIII)
サラ系3歳 オープン
(特指) 別定 1600m 芝・右 外
本賞金: 3700、 1500、 930、 560、 370万円 発走 15:35

アルマワイオリ 牡3 57.0kg 勝浦 正樹  西浦 勝一
25栗CW 84.0-67.3-51.9-38.0-12.9(一杯)
メイショウリンクスを3馬身追走し、クビ差遅れ

長めを追いかけたこともあるため、終いは僅差ながら遅れる。
時計そのものもこれだけ出ていれば問題なく、むしろ緩い馬場でもここまで動けたのは評価していいだろう。
ただ、本調子になりそうなのはやはり次だろう。



エイムハイ 牡3 56.0kg Cデムーロ  安田 隆行
25栗坂 52.8-38.7-25.0-12.2(強め)
エルクンバンチェロを3馬身追走し、同入

スピード感のある動きで、スムーズな動き。
詰め切れないところのある馬だが、終いはしっかり脚を使えるタイプ。
仕掛けられてからの動きもスムーズで、僚馬をラストはきっちりと捕える。
上々。
まずまずの状態に仕上がっている。



ケツァルテナンゴ 牡3 56.0kg 浜中 俊  笹田 和秀
25栗坂 54.7-39.8-25.7-12.3(強め)

坂路で単走。
しっかりと負荷をかけられたが、全体的に今ひとつ迫力不足。
ただ、動きはまだ物足りず、全体的に今ひとつ重い印象。
あまり変わった感じはない。



ジャジャウマナラシ 牡3 57.0kg 藤田 伸二 小久保 智
23浦和ダ 53.1-38.8-12.7(強め)

浦和ダートで単走。
しっかりとした踏込みで、動きは力強いがいくらか硬め。
このあたりを見ると、やはりダート馬なのかという印象は拭えない。
この馬なりに順調だが、好走とまではどうか…



ナイトフォックス 牡3 56.0kg 武 豊 大竹 正博
25南W 84.0-67.5-52.1-37.4-12.9(馬なり)
フロリアードを4馬身追走し、クビ差先着

併せ馬でもしっかりと折り合えた。
この動きなら、前走で見せた行きたがるようなところも気にする必要はないだろう。
終いまでしっかりと踏ん張り、クビ差捕えてフィニッシュ。
輸送を考えていくらか余裕を残していたが重目はない。
いい仕上がりができている。



ナヴィオン 牡3 56.0kg 岩田 康誠  橋口 弘次郎
25栗坂 54.2-39.3-25.3-12.5(強め)

攻めは正直言って目立たない。
ただ、身体はしっかりとしており、捌きはまずまず。
大幅な上積みは感じられないが、この馬としての仕上がりはできている。
鞍上強化はいいが、後ろから行く岩田は今、信用できないだけに、そのあたりがどうか…



ナリタスターワン 牡3 56.0kg 福永 祐一  高橋 亮
25栗CW 66.0-52.0-38.2-12.1(一杯)
メイショインロウを12馬身追走し、1馬身先着

前走でもいい仕上がりだったが、叩いてさらに良化した印象。
先週の段階ではもう少し足りなかった感じだが、公司湯は十分及第点以上の仕上がり。
身体もシュッとしてきており、十分力は出せそう。
大きく追走し、先着も好感。



ネオスターダム 牡3 56.0kg Aシュタルケ  石坂 正
25栗坂 52.2-38.3-25.2-12.9(馬なり)
クレスコモアを1馬身追走し、同入

前走で
「ちょっと仕上がりすぎているかな」
という感もあり、そのあたりが気になったが、正直言ってその時と比べるといくらかトーンダウンした印象。
時計は出ており、反応そのものも悪くはないが、全体的には中途半端にまとまった印象。
今回はどうか…



ネオルミエール 牡3 56.0kg 柴山 雄一  藤沢 和雄
25栗坂 54.8-39.1-25.6-12.5(馬なり)
シンボリエンパイアを7馬身追走し1馬身半先着

栗東入りしてから本数をこなしているが、やはりこの厩舎らしく、強いのをやらないこともあり、
「あと一本が」
というもどかしい仕上がり。
少なくとも上積みはなく、内容は平凡。
良い身体になってきているだけに、じつにもったいない。



マテンロウハピネス 牡3 56.0kg 松田 大作  昆 貢
25栗CW 82.3-66.6-52.6-38.9-12.3(一杯)
ヒルノドンカルロを4馬身追走し、同入

新馬勝ち後も順調。
ただ、ちょっと非力に感じるところがあり、まだまだこれからといった印象。
大きな減点はないが、強調材料もあまりない。
馬自身は悪くはないのだが…


ヤマカツエース 牡3 56.0kg 池添 謙一  池添 兼雄
25栗CW 81.8-66.1-52.1-38.1-12.5(一杯)
ヤマカツボーイと併走し、1馬身半先着

順調。
キビキビとした動きで身体も太目感はなく、最後までしっかり。
大幅な強調材料はないのだが、この馬なりには動いた。
ソコソコはやれそうだ。



ヤングマンパワー 牡3 56.0kg 松岡 正海  手塚 貴久
25南W 84.8-69.3-54.2-39.5-12.6(強め)
シベリアンスパーブを4馬身追走し、2馬身先着

ナイトフォックスと同じローテで、同じ攻めだが、むしろ調教の藩王はこちらのほうがいいのではないかと思わせる内容。
非常に力強さがあり、脚捌きも頼もしい。
追われてからもしっかりと動いており、余力を残して余裕の先着。
この動きなら十分やれそうだ。

                         
                                  

コメント

非公開コメント