Post

        

スワンS、調教分析

category - 無料情報
2014/ 10/ 29
                 
正規メール会員の新規受付は金曜18時まで絶賛受付中。
天皇賞開催から、勝負に出てください。


2014年11月1日(土) 
4回京都8日11R
第57回
スワンステークス(GII)
サラ系3歳以上(指定)オープン 別定 1400m 芝・右 外

アフォード
牡6 56藤岡康 北出
29栗坂 53.5-38.2-24.3-12.3(強め)

坂路で単走。
前半は楽に進め、終いだけ反応を確認する程度で仕掛けたが、ラストはグンと反応よく伸びで軽快な走り。
軽く仕掛けただけでこの反応なら十分だろう。
1400mはギリギリだが、スムーズな競馬なら十分保つ。


ウイングザムーン
牝5 54秋山 飯田祐
29栗坂 53.9-39.-25.9-13.0(馬なり)

坂路で単走。
馬なりのままラストまで手綱は動かず
叩いた効果が感じられる動きでスムーズな走りだが、迫力は思ったほどではなかった。
京都は今開催はすべてAコースなので、この馬の脚質を考えるとどこまでやれるかは微妙。
条件はベストなのだが…


オリービン
牡5 56松山 橋口
29栗坂 52.0-38.1-249-12.4(一杯)

ピークトラムを2馬身追走し、1馬身先着。
前半粗スピード感ある走りで身体を上手く使い、悪鬼なる走り。
追ってからも上々の動きで、最後までしっかり。
どちらかというと阪神向きだが状態そのものは悪くない。


ガルボ
牡7 56ブドー 清水英
29南W 67.0-51.8-38.0-13.5(一杯)

ウッドでの単走。
前走は馬場も合わなかったが、京都に替わる今回は条件も好転。
追い切りそのものは日曜日の動きのほうが良かったが、この馬としては順調。
乗り替わりは微妙だが、馬そのものは悪くない状態。


サクラアドニス
牡6 56和田 村山
29栗坂 52.1-38.6-261-13.8(一杯)

坂路で単走。
終いまでビッシリと負荷をかけられたが、前半の行きっぷりとは正反対に、追われてからの反応は今ひとつ。
いい時ならもっとシュッとした走りを見せるのだが…
身体つきなどは悪くないだけに、どこか別の面で問題があるのかもしれない。


サダムパテック
牡6 57田中勝 西園
29栗坂 52.7-38.3-25.3-12.9(一杯)

馬場整備後の最もきれいな時間帯を狙っての単走追い。
全体的に悪い点は確かにないのだが、その割に変わったと思える点も少ないのは事実。
攻め駆けしないだけに、これでいいのかもしれないが、正直言って内容には少し不満。
目標は次だけに、気持ち余裕もある。


サドンストーム
牡5 56国分優 西浦
29栗坂 53.1-38.3-24.6-12.3(一杯)

終い重点に坂路でびっしりと追われる。
ラストの反応は悪くはないのだが、全体的な内容は平凡で、思ったほどピリッとはしていなかった。
全体的には復調途上といったところ。
もう少し時間がかかりそうだ。


サンライズメジャー
牡5 56池添 浜田 
29栗坂 54.7-40.0-26.0-12.7(強め)

終い重点。
前半は楽をさせ、徐々にペースを上げていくと、ラストはひと鞭。
まずまずの反応でシュッと伸び、最後まで脚を残した。
この中間は強い攻めをしていないだけに、その点が気になるが、全体的には悪くない仕上がり。


シルクフォーチュン
牡8 56.川須 藤沢即
29栗W 65.0-51.1-38.3-13.2(一杯)

動き変わらず。
動きが幾分硬い感じで、やはり現状ではダートのほうが良さ砂印象。
芝もこなせるとは思うが、差す兄これでは強気にはンれない。


タガノブルグ
牡3 55川田 松田博
29栗坂 53.7-39.6-26.2-13.6(一杯)

あまり変わらず。
ステッキを入れるも「笛吹けど」で脚が上がらず。
最後もばてたと前は言わないが、反応平凡でお釣りもない。
さすがにこれでは強気にはなれない。


ニシノビークイック
牡5 56岩崎 河内


ニンジャ
牡5 56藤岡佑 宮
29栗坂 53.4-38.8-25.4-12.6(強め)

キビキビとした走り。
使うごとに状態が上がってきていrのは分かるが、良い頃と比べるとあと一息。
ここを使って次は間違いなく良くなるはず。
良化は正直言っていくらか遅い


バクシンテイオー
牡5 56ベリー 堀
29南W 68.4-53.0-38.8-12.8(馬なり)

アンプラグドと終いだけ併せる形での攻め。
非常にスムーズで脚の運びもスムーズ。
見た目で罰重以上に大きく見えているのは良い印象。
終い勝負の馬だけに、展開に左右はされるが、力は出せる状態。
流れが向けば魅力。


ビウイッチアス
牝5 54未定 武藤
29南W 71.6-55.5-39.5-13.3(馬なり)

馬なりでサッと流す
牝馬だけに輸送雄考えればこれでいいのかもしれないが、迫力不足で動き平凡。
馬場を大きく回って躍動感を持たせていたのはいいのだが、そこまで。
今回は強調できる材料が少ない。



フィエロ
牡5 56福永 藤原英
29栗坂 52.6-38.3-24.3-12.1(一杯)

サトノキングリーとの併せ馬。
全体的にまだカリカリとした感じの走りで落ち着いが欲しい印象。
前半からガーッと行きながら、終いはアタマ食われるという競馬も差し馬としては恥ずかしい内容。
久々で元気があるのは良いのだが、万全とは言えない。


ベルカント
牝3 53武豊 角田
29栗坂 53.2-38-25.0-12.5(強め)

ケイティバローズとの併せ馬。
3馬身追いかけ無理なく折り合うと楽に間隔を詰め、追われてからは力強い脚捌いでグッと加速。
あっさりと2馬身突き放してフィニッシュ。
ちょうど馬場が荒れてきた時間帯で、時計が掛かるときだったことを考えれば、これだけ動いたのは十分評価していい。
知からhだせるデキにありそうだ。


ミッキーアイル
牡3 57.浜中
29栗坂 51.1-37.5-24.9-12.7(強め)

坂路で単走。
安田記念の疲労も抜け、身体は一回り大きくなっている。
非常にスピード感のある走りで前半からスピードに乗ると、舞エースで速いラップを刻んでいく。
終いはオーバーワークを避けてセーブしたがそれでも力強い脚捌きで一気に駆け抜けた。
若干緩さもないわけではないが、次走を考えれば及第点の仕上がり。
この馬のレースはできそうだ。

今週の正規メール会員受付は金曜18時まで実施中です。
勝負の柱はW記者。
天皇賞か?それとも…
月曜日のJBC情報も公開決定。
ぜひご期待ください。

                         
                                  

コメント

非公開コメント