Post

        

サトノアラジンを軽視した根拠(神戸新聞杯)

category - メール会員情報
2014/ 09/ 29
                 
先週行われた神戸新聞杯。

トーホウジャッカルの取捨のミスは、本当に申し訳ございませんでした。

ワンアンドオンリーに関しては
「調整過程だとか、追い切り時計とかで云々という人がいるが、そういう人はおそらく、皐月賞でこの馬に重い印を打ち、なおかつダービーでは軽視した人だろう。
要は何にも分かっていない」
W記者、かなり突き離して語っていたように、当然の◎。

逆に、もう一頭、人気を集めていたサトノアラジンに関しては

================
■サトノアラジンの人気には疑念
「この馬はまだまだ途上」
================
ワンアンドオンリーとは対象的に、どうしても気になるのがサトノアラジン。
攻めの動きは確かに凄かった。
いい動きだったし、間違いなく好調だろう。

しかし、それでも解せない部分がある。
この馬の場合、前走の内容が随分と評価されている。

必ず使われるのが
「バッドボーイに勝った」
という言葉。

確かに準OPクラスまでなら上位争いできる実力のある馬なのだが、そこまでの評価が妥当かどうかとなると首を傾げたくなる。

というのも、8月9日の小倉開催というのはちょっと特異な開催で、2週目にもかかわらず、逃げ馬にとっては非常に厳しい馬場になっていた。

この日は2000m戦、1800m戦の芝のレースが各2レース組まれていたが、逃げ切った馬は皆無。

いずれも番手、好位で立ち回った馬に、最後は計ったように差されている。

1200mでも同じで、逃げ切ったのは1レースの九州産馬限定の未勝利戦のみ。

逃げ馬受難の馬場状態に上手く嵌ったという可能性が高い。
また、坂のあるコースで勝ったのも、中京の茶臼山高原特別のみ。
10頭立てという少頭数のレースでスローペースでの先行抜け出しというものだった。

阪神は2度使っていずれも1番人気に支持されながら取りこぼしており、2400mではゆきやなぎ賞で、逃げたシャンパーニュすら捕まえられずに負けている。

力をつけているのももちろん承知で、間違いなく先々はOPで活躍すると思うが、今はまだ違う。

ここでは取りこぼす可能性が大きいのではないかと考えている。
===============

と軽視。
サウンズオブアースもマークしていましたが、3着のトーホウジャッカルには印を回すことができませんでした。

何度も言っている通り、菊花賞での目標はあくまでも、皐月賞、ダービーに続き、クラシック3冠における、全券種パーフェクト的中です。

そこに進むために、セントライト記念、神戸新聞杯でも結果を残し、安心して本番を迎えていただきたかったのですが、ちょっと躓く形に。
申し訳ございませんでした。

ただ、メールでも説明させていただきましたが、各馬の取捨だけは間違っていないことだけは立証できたと思っています。
少なくとも、サトノアラジンから買うような真似はしませんでしたし、現状の実力構成がどうなのかもしっかりと把握できています。

菊花賞では春と同じように、皆様に全券種艇中で喜んでいただこうと思っておりますので、今一度ご期待ください。

そして今週のスプリンターズS。

こちらでも魅力的な勝負をお届けできます。
資金は土曜日のシリウスSで稼ぐ予定です。

どうぞ今週もよろしくお願いいたします。
                         
                                  

コメント

非公開コメント