FC2ブログ

Post

        

天皇賞的中を含め、土日の配信情報は6戦パーフェクト的中

category - 結果報告
2012/ 04/ 30
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在100位くらいです。

↑現在40位くらいです。

正規メール会員の皆様、そして無料メール会員の皆様に、ブログ読者の皆様。

今週もお付き合いをいただき、ありがとうございました。

本日行われた東京、京都、福島競馬場は、無料メール公開を行った福島メインも含め、3場パーフェクト的中に終わりました。

今日、会員の皆様に提供したのは、東京のメインレース
【スイートピーS】

◎ダイワズームからの提供でした。

「未勝利を勝ち上がるまでに時間を要した◎だが、軌道に乗ってからは力通り連勝。

先行から好位で折り合い、終いはしっかりと脚を使える安定感は、このメンバーでも上位。
2戦2勝のこの距離も合っており、芝コースでの最終追い切りでは馬なりながら準OPのレッドエレンシアと遜色のない動き。

「崩れない馬が、ここにきてグンとよくなってきた。
OPとは言っても、それほど強力な馬もいないし、自分の競馬をすれば権利は獲ってくれるはず」

1分48秒0の持ち時計も十分裏付けになるもの。

今の勢いを重視したい。

出遅れが癖になっており、加えて今の馬場状態と、こういうタイプの馬ではあまりいい騎乗がないサトノジュピターは軽視していいだろう」


◎ダイワズーム
〇ココロチラリ
注サトノジュピター


馬連1080円
馬単2010円
3連複1100円
3連単5710円

本当はプレノタートに3着を死守してほしかったところですが、仕方がないところ。
杉原もテン乗りの騎乗で、よく頑張ったと思います。

そして2本目は、天皇賞の興奮冷めやらぬ直後に京都で行われた最終レースの高瀬川S

◎はサイオンからの勝負。

2着にメイショウツチヤマが入り、

馬連1470円
馬単2570円

の的中。

通常配信の情報は2の2。

そして、そのあとに送信した天皇賞の情報へと続いたわけです。

天皇賞について我々は週の半ばから、ずいぶんと掘り下げて報告を続けてきました。

特に強調してきたのはオルフェーヴルの陣営が、あまりにも日本の競馬を無視し、凱旋門賞がすべてかのようなコメントに終始していたこと。

いや、これは取材する側が言わせていた部分もありましたが、我々はそこまでの馬とは思っていませんでしたし、

「今のままでは凱旋門賞に勝つことなど絶対に無理」

と言い続けてきました。

凱旋門賞云々を言うならばやらなければならないことはふたつ。

坂路以外でも仕上げられる馬にすること。
そして、すぐにでも乗り役を替えること。

これは阪神大賞典の前から言い続けてきたことでした。

外国に行くなら、それからの話だろうと…。

また、誰もが

「負けてなお強し」

と言い続けていた阪神大賞典の競馬も、はっきり言って疑問を抱いていました。

あのレースはあまりにもスローな流れに恵まれた部分が多すぎましたから。

今日、会員の皆様に報告したメールでも、こう説明させていただきました。

「前走の阪神大賞典はほとんどの方が評価しているようですが、正直言ってあれは、仕掛けどころでも思ったほどペースが上がらず、終いも勝ったギュスターヴクライで37.1の競馬だったことから巻き返せたものでした。

この前に行われた2000m戦の但馬Sでは、勝ったレジェンドブルーが35.5。
2着のメイショウジンムですら35.4で上がっています。

新馬のラスカルトップですら35.7です。

あの競馬は、スローに助けられたもので、しかもペースを握るナムラクレセントに絡んでスタミナをロスさせ、挙句、ヒルノダムールに不利を与えて終いの脚を殺いだ競馬。

盛り返したのは立派ですが、どうしても周りが絶賛するほどのものではなかったとみています」


確かに強い馬であり、稀代の名馬になる存在だとは思います。

情報から見ても、勝って不思議はない馬でした。

しかし我々は今回、スタッフの総意として、オルフェーヴルに◎を打つことを拒否しました。

これは情報屋としてのことではなく、勝負師、馬券師として

「これだけ強い馬が負ける可能性が大きいこの機会に勝負しなくて、なにが馬券師だ。
仮にオルフェーヴルが勝つならそれも仕方がない。
だが、その時に2着を確実に確保できる馬がいる。
その馬から勝負すればいい。
馬連は外さない。
必要ならば3連複でフォローしておけばいい。
しかし、三冠馬が負ける可能性が十分すぎるほどあるレースで三冠馬を軸にすることは、勝負師としても情報屋としても失格。
そんなものは素人でもできること。
いや、素人がやることだ」


と、全員が同じ気持ちでトーセンジョーダン◎に同意しました。

今週は、一部の無料メール会員の皆様に対し、恥ずかしい話ですが

「最終案内」

として、いつもとは違う参加案内をさせていただきました。

最終案内というくらいですから、もちろん今週の情報で結果が出せなければ、二度とメールでの連絡をするつもりはありませんでした。

腹をくくった勝負。

しかし、こういうレースでも、手堅く逃げるのではなく、勝負師として納得できる馬券、買い目を提供することを優先しました。

だからこそ、皆様からレース後にいただいたメールを読んで、本当によかったと安心しました。

ただ、これで終わりではありません。

我々が天皇賞以上に自信を持っているとレース前からお伝えしていたマイルCがGW最後の日曜日に行われます。

ここでもきっちりと結果を残し、すでに大幅プラス確定の東京開催の収支を上積みさせ、5週連続の東京GIから、いよいよお待ちかねの4周年記念開催へと進んでいきたいと思います。


また、今日は無料情報でも、メールで配信させていただいた福島民友カップでは
馬連1210円
馬単2590円

バナークリック情報でも東京8Rで馬連1550円を的中。

そして、天皇賞の話題で陰に隠れてしまいましたが、浦和開催は参加しなかったI記者が、東京のダート特別で推奨ながら情報提供を実施。

I記者の情報ということで、多くの方が飛びついたようですが

オアシスSでは
◎ナムラタイタン
〇アドマイヤロイヤル
△スタッドジェルラン

馬連2700円
馬単5100円
3連複7160円
3連単3万8350円

の的中。

何をやっても正解という結果を残しました。

もちろん昨日も、既報のとおり、配信情報は3戦3勝のパーフェクト。

本日と合わせると、実に6戦全勝という結果に終わりました。

皆様には

「最低3つはイケる」

と報告していましたが、終わってみればこの成績。

我々を信じてただいた皆様。

本当にありがとうございました。

来週に関しては、配当はさすがに今週以上とは言えませんが、天皇賞以上に自信のあるマイルC、そして我々が最重要視している条件での情報。

こちらもこれまで、4戦パーフェクトですが、これも行われます。

来週のご参加受付は、5月1日2日のみとなりますので、忘れずにお申し込みをお願いします。

有言実行。

言ったことをすべて現実のものとした我々の情報。

来週は、より大きな期待をお寄せください。
                         
                                  

コメント

非公開コメント