FC2ブログ

Post

        

ヴィクトワールピサを軸にできない理由とは?

category - 無料情報
2010/ 05/ 30
                 
ペルーサと人気を二分しているヴィクトワールピサ。
ファンの方の中にも、この馬の2冠を期待している。
そんな方が多いのではないでしょうか。
ただ、我々が考える限り、どうしても今回のダービーに関しては、ヴィクトワールピサを軸にはできないというのが本音です。

メンバー専用ブログでは、ダービーの前日見解として以下のような内容を掲載しました、
ヴィクトワールピサ以外の部分に関してはお見せできませんが、こういう事情から今回は軸にはしないと考えています。

よろしければ参考までにご覧ください。


いよいよ明日に迫った競馬の祭典
【第77回日本ダービー】
ダノンシャンティの取り消しは、返す返すも残念ではありますが、今となっては仕方のないこと。

残った馬から最善の結果を導き出すことがすべてだと思っています。

さて、今年のダービーですが、流れとしてはコスモファントムが先手を奪い、番手は4・6・11・16・13あたりが追走。

エイシンフラッシュとリルダヴァルがそれを見ながらレースを運び、ペルーサはその後ろでローズキングダムが併走。
ペルーサをマークする形でヴィクトワールピサが続き、直後にヒルノダムールとトゥザグローリー。

レーヴドリアンが後ろから。

そんな流れになりそうです。

後ろに有力馬が固まることから前を行く各馬はさほどペースを上げることなく、淡々とした流れになると見ています。

(正規メール会員の皆様だけに公開しています)

ヴィクトワールピサはどちらかというと、外を回すのではなく、内に馬を入れて我慢させ、直線でも馬群を縫って上がってくるタイプです。皐月賞のときもそんな競馬に徹していました。

ヴィクトワールピサの競馬を見ていて思うのは、
「この馬はもしかすると、前に壁がない状態では持っていかれてしまう、行きたがってしまうのではないか」
ということです。

皐月賞でもスタートすると、後ろから内へ内へと進路を採り、最終的にはインベタでレースを運びました。

ただ、向正面で前との間隔が開くと、ふっと重心が沈み、加速したがる素振りをみせます。そのたびに岩田騎手が馬を抑えているのですが、この点がどうも気になるのです。

弥生賞では最内枠からスタートを切ると、前が開いているのを嫌うかのように、すぐにエイシンアポロンの後ろに馬を入れて落ち着かせました。

また、ラジオNIKKEI杯2歳Sでも、ポンとゲートを出ると、すぐにダノンシャンティとメイショウホンマルを先に行かせ、その後ろのポジションを確保しようとしていましたが、このときも前が開いていたにもかかわらず、ラチ沿いを嫌い、壁を作りにいっているのです。

武騎手が乗っていたときは、加速させぬよう、スムーズに下げていたため、あまり気にはなりませんでしたが、皐月賞のときは、かなり意識して、馬を閉じ込めるために内へ内へと切れ込んでいきました。

こういう競馬をするタイプというのは十中八九、外で折り合おうとするとフワッとした競馬になってしまうものです。
「フワッ」というのは抽象的な言葉ですが、いうなれば自分の外側に馬がいないと、鞍上がしごいてもペースを上げてくれず「なり」でレースをしてしまうのです。
馬が自分のペースだけでレースをすると、コーナーでの捌きが難しくなります。

結果、コーナーで外に膨れてしまったり、直線でも外へ外へと逃げようとしたりとなるわけです。それをなんとか内へ押し込もうとすれば、追いきれず、脚を余すという騎乗者泣かせの競馬になってしまうものです。

その典型だったのが、10月25日の新馬戦だったといえるでしょう。

このダービーでもやはり内にこだわる競馬をし、皐月賞と同じようなタイミングで抜け出したいと考えていると思います。

ただ、ここで2つ、この馬にとってマイナスになるポイントが出てきます。

皐月賞とは違い、今の東京は、先行した馬が皐月賞ほどバラけないこと。

皐月賞当日の中山は、前日から

「内がかなり悪い」

と言われ続けていました。

そのため、レースでは各馬が意図的に外に進路を採る形になっていました。

だからこそぽっかりと内が開いたわけです。

もうひとつは、東京が今週からはCコースになっていることです。

そのため、これまで内側の伸びていた部分が仮柵でなくなり、必然的に外有利の馬場に変わってきています。

この2つの点がヴィクトワールピサとってはマイナスになると思われます。

いっぽうの(この部分は正規メール会員の方のみに公開しています)考えられます。

●●●●●●●、●●●●●●●や、内側でもヴィクトワールピサより早めに仕掛けられる馬。
●●●●●●●●●●や●●●●●。
(●の数は適当です)

ヴィクトワールピサにとっては最悪の場合
「脚を余して負けた」
そんな印象になるダービーではないかと見ています。
(ありそうなのは、届かずの3着。
3連単3着固定を100円ずつというのを押さえてみるのも一計です。)

そのあたりも含めて、この後もスタッフ会議を続けてまいります。

ダービーは明日の13時に情報を配信する予定ですが、そのときまでに皆様にも納得いただける結論を出したいと思っています。

明日のダービーもよろしくお付き合いください。



今週もご声援、よろしくお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬
ブログセンター
                         
                                  

コメント

非公開コメント