2013年04月

        

4.29スタッフからの調教耳より情報(第一部)

category - メール会員情報
2013/ 04/ 29
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

4.28調教耳より情報(第二部)&今日のメイン

category - メール会員情報
2013/ 04/ 28
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

4.28スタッフからの調教耳より情報(第一部)

category - メール会員情報
2013/ 04/ 28
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

天皇賞、そして月曜開催をしっかりと

category - 結果報告
2013/ 04/ 28
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在150位くらいです。

↑現在50位くらいです。

昨日の青葉賞は厳しい結果。
申し訳ございません。

詰めの甘さというよりは、むしろ死角と死角の馬で決まってしまったというのが本音。
同距離の特別戦が組まれていたため、修正ができると考えていたのですが、実際は修正以前の状況だったといわざるを得ない結果となってしまったのが悔やまれます。

もちろん、アポロソニックについては、皆様も調教分析をご覧いただいたはずですのでご存知かと思いますが、
調教の段階から

「アポロノカンザシと併せ、終いまでしっかりとした反応。
動きも頼もしく、力強い走り。
時計も、見た感じよりも速くなっていたが、これだけ動けるのも今の状態が良いからこそ。
美浦ウッド組でもこの馬の仕上がりは特に目立った」


と高い評価をし、もちろん買い目にも加えていたのですが、逆にヒラボクディープについては、中間の一頓挫の影響を引きずってしまい、評価を落としてしまったのがミスだったと思います。

この分は天皇賞、そして明日の開催でしっかりと取り返していきたいと思います。
                         
                                  
        

4.27TM推奨レース(今日の無料情報)

category - 無料情報
2013/ 04/ 27
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在150位くらいです。

↑現在50位くらいです。

GWの3日間開催がスタート。
正規メール会員の皆様への情報配信も終わりましたので、ここで1鞍、今日は無料情報を紹介したいと思います。
いつものようにバナークリックで。

今日もよろしくお付き合いください。


↓買い目はこちら
人気ブログランキングへ 
↑現在150位くらいです。

↓レース名はこちら

↑現在50位くらいです。

GW開催もどうぞよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

4.27スタッフからの調教耳より情報(第二弾)&今日のメイン

category - メール会員情報
2013/ 04/ 27
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

4.27正規メール会員情報

category - メール会員情報
2013/ 04/ 27
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

4.27スタッフからの調教耳より情報

category - メール会員情報
2013/ 04/ 27
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

TCK最終日。自信度Aを含むパーフェクト的中。最終Rの万馬券もズバリ。さすがは天皇賞週の情報。まだまだ間に合います。明日からの情報にご期待ください

category - 結果報告
2013/ 04/ 26
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在150位くらいです。

↑現在50位くらいです。

3日間連続開催を前に、本当にいい形を作ってくれたI記者とN記者。
会員の皆様からのお礼もそうですが、本当にTCK最終日。
特に、今日からスタートされた会員の皆様には、最良のスタートを切っていただきました。

無料会員の皆様にも、明日の中央競馬を前に、今日の大井競馬がいかに楽しみであるかをお伝えしたのですが、結果はまさに、我々と会員の皆様が望んだとおりの形となりました。

我々を信じて、天皇賞開催からスタートしていただいた皆様。
本当にありがとうございました。

今日が最終日の大井開催。

じつに3か月ぶりとなる、I記者提供の自信度A情報の提供もありました。

後半3レース、パーフェクトの的中。

10RのC2戦的中から始まり、メインの北斗七星賞的中。

そして、開催ラストとなる最終レース。

新緑特別。

「真島の典型的な負けパターン」

であるこの状況で

◎ボンカマラード
△クイーンズライフ

の情報。

まさにその通りでした。

馬連1万2900円
馬単1万9550円

的中。

本当におめでとうございました。

なぜ我々が今週の開催にこだわったのか。
その全貌が、明日からの3日間開催を前に、早くも結果で現れました。

3日間開催では、さらなる魅力満点の情報を用意しています。

天皇賞はもちろん、月曜日の勝負、そして明日の情報。
ぜひご期待ください。

信じていただいた会員の皆様と共に、既にプラスが確定した今週の開催。

さらに詰めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

なお、正規メール会員の時間外受付は、各当日の午前9時30分までです。

まだ十分間に合いますし、今日の万馬券的中を逃してしまった皆様にも巻き返すチャンスはありますので、どうぞご期待いただき、明日の土曜日から参加してみてください。

実績だけで証明する。

伝説の馬券師の情報をよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

青葉賞、調教分析

category - 無料情報
2013/ 04/ 26
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在150位くらいです。

↑現在50位くらいです。

11R
第20回青葉賞(GII)

サラ系3歳 オープン(指定) 馬齢 2400m 芝・左
本賞金: 5200、 2100、 1300、 780、 520万円 発走 15:45

青葉賞(印ナシ)
※印は会員の皆様にのみ、調教耳より情報で紹介します。

1 1 テイエムブシドー
牡3 56.0kg 吉田豊  石栗 
24南W 82.0-66.4-52.8-39.0-13.0(強め)

動き平凡。
特に目立つ点もなく、全体的に雰囲気も今ひとつ。
ここでは厳しい競馬になりそうだ。


1 2 ヘイローフォンテン
牡3 56.0kg 柴田善 石毛
24南坂 57.9-42.2-27.9-13.8(馬なり)

坂路でサッと流す。
この馬なりに動いてはいるが、まだ身体を上手く使い切れていない感じ。
もっとピリッとしてくれば更にやれるのだと思うが、今回は果たして…
あまり強気にはなれないというのが本音。


2 3 アポロソニック
牡3 56.0kg 勝浦 堀井
24南W 78.6-64.5-51.3-38.5-13.3(一杯)

アポロノカンザシと併せ、終いまでしっかりとした反応。
動きも頼もしく、力強い走り。
時計も、見た感じよりも速くなっていたが、これだけ動けるのも今の状態が良いからこそ。
美浦ウッド組でもこの馬の仕上がりは特に目立った。


2 4 トウシンモンステラ
牡3 56.0kg 酒井 村山
24栗坂 55.3-40.2-25.8-12.7(一杯)

ラブイズブーシェーと坂路で併せたが、動きも目立たず反応そのものも今ひとつ。
本数はこなしているが、どうもパンとしてこないような感じ。
距離は合うが、このメンバーでは正直言ってどこまで…


3 5 ヒラボクディープ
牡3 56.0kg 蛯名 国枝
24南W 71.3-55.2-41.3-13.9(馬なり)

ウッドでの単走追い。
放馬の影響は感じられず、動きも滑らかだった。
ただ、当初予定していた併せ馬から単走追いに切り替え、サッと流しただけにしたのはちょっと気になるところ。
本当にダメージがなければ、直前で調整プランを変えるようなことはしてこないのが普通。
少なからず影響はあるものと考えたほうがいいかもしれない。



3 6 カリスマサンタイム
牡3 56.0kg 高倉 崎山
24栗W 84.4-69.6-55.5-41.2-13.4(馬なり)

最終追いは馬なりでサッと流す程度。
まだ身体が立派で、もう一本か二本折ってほしいというのが正直な気持ち。
動きそのものは悪くないのだが、そのあたりが力差のないメンバー相手だと、最後に響いてきそうだ。
芝に関しては微妙。
おそらくダートのほうがいいだろう。


4 7 ラストインパクト
牡3 56.0kg 北村友 松田博
24栗W 84.5-68.4-52.5-38.3-11.8(一杯)

ライジングゴールドを相手に2馬身突き放す。
非常に柔らかい走りで、皮膚の薄さも目につく仕上がり。
抜け出す速さはなかなかのもので、そこからの渋太い走りも好感。
止まらないのが強味の馬。
このメンバーでも十分やれそうだ。


4 8 カフェリュウジン
牡3 56.0kg 石橋脩 松山
24南W 81.0-65.0-50.9-37.8-13.0(一杯)

先週、ケイアイアポロンを相手にしっかりと負荷をかけられた。
今週は軽めで流すかと思われたが、ここでもビッシリとやったのはちょっと意外だった。
それでも反応は上々で、2週続けてきっちりと先着。
大きく力強い動きで好調ぶりをアピール。
力は出せる状態に仕上がった。


5 9 ツクバローレル
牡3 56.0kg 横山典 菊沢
24南坂 52.5-38.2-25.0-12.6(馬なり)

サクラメガチャンプとの併せ馬。
最後まで楽な動きだったが、しっかりと脚を伸ばしており、動きは上々。
素軽さが目立つ動きだった。
先週もそうだが、もう少し強くやったほうがいいような気はしなくもないが、TR仕様と割り切るなら、これでいいのかもしれないのだが…。


5 10 サトノノブレス
牡3 56.0kg 北村宏  池江
24栗坂 52.9-38.7-25.3-12.7(強め)

パルラメンターレを相手にビッシリと併せてクビ差先着。
まだ余力を持たせていながら、負けじとグイッとひと伸びできたのは好感触。
時計も坂路組トップだったように、しっかりと動けていた。
これだけできれば十分だろう。


6 11 マイネルマエストロ
牡3 56.0kg 柴田大 西園
24栗坂 54.1-39.3-25.7-13.2(一杯)

攻め駆けしない馬だけに、最終追い切りの時計はあまり気にしていなかったが、動きそのものと体の使い方は悪くない。
ただ、正直にいえば、あと1~2本ほしい。
攻め駆け以上に、デキが今ひとつ。


6 12 アルヴェロン
牡3 56.0kg 三浦 小島茂
24南坂 53.5-38.9-25.1-ー(馬なり)

メイスンウォー、ミヤビアミュレットとの3頭併せ。
思ったほどの良化はなく、無理はさせていないとはいえもう少しキレがほしい。
先々はよくなってくるが、今はまだ途上といった段階。


7 13 アウォーディー
牡3 56.0kg 松山 松永幹
24栗W 68.8-53.0-38.5-12.4(馬なり)

馬なりでサッと流す形だが、うるさい面も見せずにしっかりとした脚取り。
積極性が出てきており、好仕上がり。
この馬の力は出せる状態に仕上がった。


7 14 アウトオブシャドウ
牡3 56.0kg 戸崎 藤原英
24栗W 83.0-66.9-52.3-38.6-12.8(一杯)

以前と比べ、ずいぶんと走ることに集中できるようになってきたように感じる。
オージーブリンカーの効果が出た印象で、追われてからもしっかりと動けていたのはプラス。
身体も大きく見せており、好感のもてる仕上がり。


7 15 レッドレイヴン
牡3 56.0kg 内田  藤沢和
24南W 69.8-54.5-40.1-13.3(馬なり)
入念に乗り込みを繰り返してきたが、最終追い切りは3頭併せでの馬なり調整。
この厩舎恒例のパターンだが、ダノンゴールド、レッドルーファスの後ろから折り合い重視。
徐々に間隔を詰めつつ、終いではしっかりと脚を伸ばして1馬身最先着。
柔軟な脚捌きで大きいストライドが特徴だが、きっちりと伸びていたのは好感。
態勢は整ったと見るべきだろう。


8 16 バンデ
牡3 56.0kg 田中勝 矢作
24栗坂 53.9-38.2-24.5-12.2(一杯)

坂路でしっかりと脚を伸ばす。
併せた相手にも臆することなく、ラストも鋭く伸びて先着。
大きなフットワークで伸び伸びと動けていたのも印象的。
いい状態になっている。


8 17 ダービーフィズ
牡3 56.0kg Cデムーロ  小島太
24南坂 51.3-37.5-24.4-12.4(馬なり)

坂路でディサイファとの併せ馬。
しっかりと乗り込んできたため太目感はなく、脚捌きもいい。
攻め駆けする相手にも遅れることなく、ラストはアタマ抜け出してフィニッシュ。
これだけ動けば短期放牧明けでも心配はなさそうだ。


8 18 アドマイヤスピカ
牡3 56.0kg 福永 松田博
24栗W  67.9-53.0-39.5-12.5(一杯)

ウッドでの単走。
確かに馬場が悪かったのはあるが、動き、時計とも平凡で見栄えのしない動き。
元々、攻め駆けするタイプとは言えないのは分かるが、もう少し動いてもらわないことには…
正直言っていい動きとは思えなかった。