FC2ブログ

2011年10月

        

菊花賞、調教分析(枠順確定)

category - GI特集ページ
2011/ 10/ 20
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです。

現在30位くらいです。

菊花賞の枠順が確定しました。
注目のオルフェーヴルは7枠14番。
ウインバリアシオンは隣の13番に。
また、フレールジャックは8枠17番。
サダムパテックは6枠11番に入りました。
比較的注目馬が外枠に入った菊花賞。
枠的にはバランスの取れたいい枠になったのではないかと思います。

2011年10月23日(日) 
5回京都6日11R
第72回 菊花賞(GI)
3歳 牡・牝(指定)オープン 馬齢 3000m 芝・右 外

1 1 トーセンラー 牡3 57.0kg 蛯名
19栗W 84.8-68.1-53.1-38.9-12.1(馬なり)
この情報は正規メール会員の皆様のみに公開します。

1 2 ルイーザシアター 牡3 57.0kg 岡部誠
20南坂 52.0-37.9-24.9-12.4(強め)

2 3 スーサングレート 牡3 57.0kg 和田
19栗P 78.2-62.9-49.4-36.7-11.9(終一杯)

2 4 ユニバーサルバンク 牡3 57.0kg 田辺
19栗W 91.2-73.6-56.8-41.6-12.2(終一杯)
時計は平凡。
ブエナビスタ相手での遅れは仕方がないとも思えるが、ブエナビスタも別に、びっしりと負荷をかけたわけではなく、むしろ完敗に近い動き。
比較するなら先週のマルセリーナとの併せ馬。
見劣りした動き、マルセリーナの秋華賞での成績を見れば、この馬の現状は分かる。

3 5 フェイトフルウォー 牡3 57.0kg 柴田善
19南坂 53.0-37.9-24.8-12.4(馬なり)
唯一美浦で追われたのがこの馬。
輸送が苦手なところがあるため、軽めの追い切りとなったが脚取りは軽やかで身体全体を使った躍動感のある走りを披露。
「動きを確認することが主目的だったが、なかなかよかった。
攻め駆けするタイプじゃないから、むしろこれだけ動けたことはプラスだね。
輸送さえ大丈夫ならチャンスはあるはず」

3 6 シゲルリジチョウ 牡3 57.0kg 藤田
19栗坂 53.2-39.7-27.2-14.1(一杯)
前半からびっしりと追われる。
ただ、末脚勝負の馬が終いバタバタになってお釣りがないというのははっきり言ってマイナス。
上積みも少なく状態は平行線。
力的に劣るのは事実。

4 7 ゴットマスタング 牡3 57.0kg 国分恭
19栗W 84.5-67.5-52.6-38.8-13.9(一杯)

4 8 ベルシャザール 牡3 57.0kg 後藤
19栗坂 54.1-39.1-24.9-12.6(一杯)
この情報は正規メール会員の皆様のみに公開します。

5 9 ダノンミル 牡3 57.0kg 浜中
19栗坂 57.0-40.4-25.9-12.6(G一杯)
中間も負荷をかけられておらず、最終追い切りも終いだけ。
もう少し負荷をかけたほうがいいのではないかというのが率直な意見で、身体がいくらか緩い。
積極性は見られたが…
「3000mはどうだろうね。やってみなければ分からないけれど、現状では中距離タイプじゃないかな」

5 10 ロッカヴェラーノ 牡3 57.0kg 川田
19栗坂 52.1-38.5-24.9-12.4(一杯)
なかなかびっしりと負荷をかけることができない馬だが今回はしっかりと追われた。
ひと脚ごとにしっかりとした脚取りでパワフルに地面を捕らえ、鋭く伸びる。
全体的な時計も及第点といえる内容。
今回の坂路組では間違いなく上位に評価していいだろう。
穴に一考したい一頭だ。

6 11 サダムパテック 牡3 57.0kg 岩田
19栗坂 52.0-38.0-25.0-12.5(強め)
この情報は正規メール会員の皆様のみに公開します。

6 12 ハーバーコマンド 牡3 57.0kg 木村健
19栗W 65.8-50.8-38.4-13.1(一杯)


7 13 ウインバリアシオン 牡3 57.0kg 安藤勝
19栗W 80.6-65.8-52.3-39.3-12.8(終一杯)
「これまではなにかにつけて満足に仕上げることができなかった。
それが今回はやっと…」
爪の心配がつきまとう馬だけに、どうしても仕上げきることができなかったこれまでのレース。
前走の身体を見てもそれは明白。
しかしこの中間はしっかりと乗り込まれてきた。
先週はラインレグルスとの併せ馬。そして今回の最終追い切りは3頭併せで先着。
終いの時計は確かにかかったが、しっかりと負荷をかけることができたのは収穫。
確実に状態は上向いており、神戸新聞杯以上の競馬ができそうだ。

7 14 オルフェーヴル 牡3 57.0kg 池添
19栗坂 51.2-37.5-24.7-12.3(一杯)
坂路組では一番時計をマーク。
ただ、これは開門直後のいい状態だったこともあり、特に強調するものではない。
準OPのトレイルブレイザーを追いかける形でスタートした追い切りは前半からスピード感のある走り。
フットワークには力強さがあり、脚捌きも滑らか。
残り2Fで追い出されると一気に加速し突き放した。
仕上がりはぎりぎりといっていいだろう。
もちろん不安がゼロというわけではない。
前走よりもさらに

この部分は正規メール会員の皆様のみに公開します。

そして

この部分は正規メール会員の皆様のみに公開します。


すればいいだろう。

7 15 サンビーム 牡3 57.0kg 秋山
19栗坂 54.1-38.8-25.7-13.4(一杯)
全体的に迫力に欠ける動き。
追われてからの伸びも平凡で期待はずれの追い切り。
前走の競馬をみると、もう少し動いてくれるのではないかと期待していたのだが、正直言ってちょっと残念。
展開の助けがあるだけに、追い切り次第では期待したのだが…

8 16 ダノンマックイン 牡3 57.0kg 小牧
19栗坂 52.9-39.1-26.2-13.3(G一杯)
全体的な動きは特別に目立つ点はなく、この馬なりに順調。
併せ馬で先着はしたものの、ラップも平凡な上、相手もあまり追い切りでは動かない馬だけにプラスとはならない。
調教からは大駆けの可能性は見出せなかった。

8 17 フレールジャック 牡3 57.0kg 福永
19栗W 86.3-69.9-55.5-41.2-12.0(一杯)
神戸新聞杯を叩き、予定通りここへ。
馬格にある馬ではないだけに、前走と比べて絞れたとか締まっという印象はそれほど感じないが、動きそのものにキレは出てきた。
ただ終いの反応は確かに悪くはないが、トーセンラーやイグアスあたりと比べると、特に目立つというものではなかったのは事実で、全体的に負荷をかけられた割には、終い以外はモタモタしていたのが気になるところ。
長丁場であることを考えればこれでいいのかもしれないが、正直言って今回の調教ではそれほど大きく上向いたという印象は感じられなかった。
ぎりぎり及第点といったところか。

8 18 ショウナンマイティ 牡3 57.0kg 武 豊
19栗W 84.4-67.0-51.2-37.2-12.6(馬なり)
この情報は正規メール会員の皆様のみに公開します。
                         
                                  
        

鶴田オーナー、お世話になりました

category - TMの独り言
2011/ 10/ 19
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

10月19日浦和開催、無料情報

category - 無料情報
2011/ 10/ 19
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです(相手)。

現在30位くらいです(軸馬&レース名)。


今日は浦和開催(事務所のPCがATOKでないので、うら若いサイという誤訳が…)3日目。
メインは重賞の埼玉栄冠賞が組まれています。
本日はこのレースを無料情報として紹介したいと思います。

2011年10月19日(水)
浦和 第10競走
埼玉新聞杯
第21回 埼玉栄冠賞3歳以上オープン
(サラブレッド系 3歳以上 別定)
ダート 1900m (左) 天候:曇 馬場:稍重 15:55発走

1 1 サイレントスタメン 川崎 牡 5 58.0 金子正
2 2 キスミープリンス 浦和 牡 3 56.0 御神訓
3 3 ボランタス 川崎 牡 7 58.0 山崎誠
4 4 トーセンゴライアス 浦和 牡 7 58.0 戸崎圭
5 5 ケイアイライジン 船橋 牡 5 58.0 川島正
6 6 カキツバタロイヤル 船橋 牡 5 58.0 石崎駿
6 7 キングバンブー 船橋 牡 5 56.0 的場文
7 8 タカオセンチュリー 大井 牡 8 58.0 柏木健
7 9 イーグルショウ 大井 牡 7 58.0 坂井英
8 10 エースオブタッチ 船橋 牡 7 58.0 石崎隆
8 11 テイエムヨカドー 船橋 牝 7 56.0 森泰斗

このメンバーならカキツバタロイヤルで仕方がないところ。
前走はスマートファルコンに対し、唯一勝ちにいこうとした競馬で結果3着。
負けはしたが力のあるところは証明して見せました。
ここなら相手はかなり楽に。
流れ不問で自分の競馬に徹するだけで勝機は十分です。

馬連
3-6
4-6
6-8

3連複(単)
6→3.4→3.4.8.2.7

本日もよろしくお願いします。

その他のレースはバナークリック情報で公開しています。
                         
                                  
        

【これだけはご覧ください】この情報にこそ真実がある【迷いは禁物です】

category - NewsWire
2011/ 10/ 19
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです。

現在30位くらいです。

昨日の菊花賞報告をご覧いただいた皆様、ありがとうございます。

無料情報ではさすがにあれ以上公開は不可能ですが、正規メール会員の皆様には、今日の調教分析をはじめ、より詳しい情報を紹介させていただきます。

どうぞ期待ください。

先週もそうでしたが、秋華賞をはじめ、府中牝馬Sのアパパネ、アイルランドトロフィーのリーチザクラウンなど、あそこまで人気馬(我々に言わせれば、決して有力馬ではありません)を切ることができたのも、我々ならではと思います。

今週の菊花賞、そして来週の天皇賞は、情報に関しては逸品のレース。

もちろん、参加していただけるか否かは皆様次第なのですが、自信と情報に関しては皆様が一番よく理解していただいているとおり、どこにも負けないものを用意しています。

こういう言い方をするのはどうかと思いますが、他で1レースに何万円も出したり、数十万円の情報料を払うくらいなら、我々の情報に参加していただければ、それこそただ同然ですし、情報料金のほとんどを馬券にまわすことができます。

料金の高さは決して的中率の高さには比例しません。

この点については皆様に目を覚ましていただきたいと思います。

先週の重賞3連勝以上の結果を今週の勝負で。

きっ地理と決めたいと思いますので、ぜひ応援してください。

「真実はここにあり」

答えは菊花賞連覇という形で証明したいと思います。
                         
                                  
        

菊花賞、登録馬と短評

category - GI特集ページ
2011/ 10/ 18
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです。

現在30位くらいです。

2011年10月23日(日) 
5回京都6日11R
第72回 菊花賞(GI)
3歳 牡・牝(指定)オープン 馬齢 3000m 芝・右 外

ウインバリアシオン 57安藤勝
神戸新聞杯は内容的にオルフェーヴルには完敗の形だが、明らかなトライアル仕様に仕上げ。
身体付きもそうだが、馬体重を見てもそれは明白。
「ひと叩き分余裕があったのは間違いない。先週の追い切りなんかは動きが一変していたからね」
距離延長はある意味、オルフェーヴルよりもプラスに働く公算が大。

オルフェーヴル 57池添
スローペースでも動じずに折り合えた神戸新聞杯。
32.8の上がりは圧巻のひと言。
その後の調整も順調。
一見、死角は見当たらないように感じるが、気になる点がじつは3つある。
「ディープインパクト以来の3冠の期待がかかるが、正直にいうと、ダービーよりも付け入る隙がありそう」
とはS記者からの報告。

サダムパテック 57岩田
久々のセントライト記念を叩き、予定通りここへ。
あまり目立った調教をしないタイプの馬だが、先週の動きは上々。
課題となるのはやはり距離。
そしてスタートを上手く決められるかどうか。
3000mは決して好条件ではない。

サンビーム 57秋山
余裕残しの仕上げで臨んだ前走はマイペースの逃げであっさり。
この中間は上積み十分の仕上げで落ち着きがあるのも好印象。
今回も単騎が可能なメンバー。
昨年のビッグウイークの競馬がお手本になりそうだ。

シゲルリジチョウ 57藤田
前走後も負荷をかけた追い切りを消化。
使い詰めできていることから上積みはあまり感じられないが、この馬なりには順調。
ただ、決め手勝負では明らかに分が悪い。
距離も微妙だ。

ショウナンマイティ 57武豊
前走も折り合いが懸念されていたが、さらにペースが落ち着く3000mの今回も、やはりその点が課題に。
他の有力馬と比べても決め脚勝負では通用しないことが明白なだけに、前が崩れたときに惰性でどこまで着順を押し上げられるか。
複までの馬か…

スマートロビン 57回避予定

ダノンマックイン 57小牧
軌道に乗るまで時間がかかったが、自分の型が出来上がった。
今回は中2週だが、身体も柔軟性を維持しており順調。
今がピークといえる状態。

ダノンミル 57浜中
仕上がり途上だったのは認めるが、春と比べてほとんど成長していないのが気がかり。
早熟なのか幅も出こない現状を考えるとここでの一変は望めない。

トーセンラー 57蛯名
久々のセントライト記念ではこの馬らしい競馬ができたが、少なくとも叩いてどうのという仕上がりではなく、勝負をかけてきた作り。
それで勝てなかったのはいただけない。
追い切りの動きも決しいいとは言えない内容。
坂路だったからなのかもしれないが、最終追い切りでどこまで持ち直せるかを見たい。

フェイトフルウォー 57柴田善
前走の競馬がかなり厳しいレースだったため疲れが残ったが、その後は順調。
ただ仕上がりすぎていた印象もあり、上積みはどうか?
それ以上に輸送が無事にいくかどうかが心配。

フレールジャック 57福永
ひと息入った前走が勝ち馬から0.8差なら及第点。
ただ、やはり行きたがるところがあり、距離が伸びる今回は、それどどこま抑え切れるかが課題。
キャリアを考えるとまだまだ成長の余地はあるだけに、その点だけクリアできれば浮上する可能性はある。

ベルシャザール 57後藤
安藤騎手が乗らないことを考えれば、おおよその判断ができる。
スローの上がり勝負では分が悪く、この騎手なら早めに捲くりを打つ可能性が高いので、京都の外回りではいつものように、一旦は抜け出すも後ろに食われる可能性が大。
先週の動きでは迫力のある追い切りを披露していただけに、仕掛けのタイミングが本当に大事。
それができるかどうかだけ。

ユニバーサルバンク 57田辺
ここ2戦の競馬を見る限り、完全に力負け。
前走後もびっしりと追われているが馬体はもちろん、気配も変わってこない。
先週併せたマルセリーナと比較すれば、今の実力は明らか。

ロッカヴェラーノ 57川田
叩いた上積みが感じ取れる先週の追い切り。
坂路50.7は早い。
ただ、最後はお釣りがなくなっていたのも事実だが…
春と比べても大きく成長した印象はあまりないのも気になった。

抽選対象馬(3頭出走可能)
アドマイヤラクティ 57藤岡佑
イグアス 57四位
ギュスターヴクライ 57幸
ゴットマスタング 57国分恭
スーサングレート 57和田
ハーバーコマンド 57木村健
ルイーザシアター 57岡部誠

除外対象
ネオブラックダイヤ 57回避予定
                         
                                  
        

デイリー杯2歳S、府中牝馬S、秋華賞と重賞3連勝。勝負レースは5の4

category - 結果報告
2011/ 10/ 17
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです。

現在30位くらいです。

ムラのある成績となった印象の先週。

土曜日は勝負レースを2の2。
昨日は秋華賞、府中牝馬Sは的中したものの、白秋Sを外してしまい、ご迷惑をおかけしました。

デイリー杯2歳Sも的中し、重賞3連勝をしたとはいえ、このレースを当ててこその日曜日だと思っていただけに残念でした。

今週は菊花賞。

来週は天皇賞と、まだまだ続くGI開催。

昨年と同様に、ここもしっかりと結果を残して納得していただこうと思っています。

先週、危険な人気馬として紹介したマルセリーナ。

この馬の分析の正確さは、我々の情報がどこよりも確かなものでした。

マルセリーナ 55.0福永
12栗W 83.3-67.0-52.1-38.5-12.4(一杯)
ローズS後の熱心に乗り込んできており、一週前追い切りでもCWでびっしりと追われる。
そして最終追い切りでも再度一杯に。
ただ、身体の余裕はまだ解消し切れておらず。
おまけに今回はユニバーサルバンクと前半から馬体を併せて追い切られたため、終いの伸びは前回ほどではない動き。
頭を上げる悪い癖も解消されておらず、不安を残す内容。
直線での動きならアヴェンチュラ、デルマドゥルガーのほうが上だった。


レースをご覧いただいた皆様は結果を見てハッキリとお分かりいただいたと思いますが、マルセリーナは当日の馬体重が増減なしで、太目がまったく解消されていませんでした。しかも名前を挙げたアヴェンチュラ、デルマドゥルガーに遅れての7着入線。

もちろんこれは、8枠18番に枠順が決まる前に公開したもの。

そしてハッキリと、危険な人気馬として名前を紹介しました。

今週は菊花賞。

正規メール会員の皆様には調教分析を公開させていただきます。

今週はぜひ正規メール会員として、我々の情報に接してください。

富士S、菊花賞を的中させ、重賞連続的中をさらに延ばしていこうと思っています。

どうぞよろしくお願いします。
                         
                                  
        

菊花賞提供補償、特別なお客様のために用意した【W記者枠優待】

category - NewsWire
2011/ 10/ 16
                 
いつも大変世話になっております。
伝説の馬券師です。

昨晩、御連絡をさせていただいた皆様、こちらをチェックしていただけたことを心から感謝しております。

皐月賞、そして日本ダービー。
ご存じのとおり、春に行われた今年のクラシックで我々は、
皐月賞→◎イスラボニータ
ダービー→◎ワンアンドオンリー
から勝負をしていただき、

馬連、馬単、3連複、3連単を完璧な形で的中させてきました。

馬連では比較的堅い馬券だったクラシックですが、3連複、単ではいずれも人気薄が絡み、3連複は皐月賞で7,690円。
ダービでは27,470円という好配当を的中。

多くの会員様、そして、ダービー提供補償の正規メール会員様に満足をしていただくことができました。

その立役者となったのが、ほかでもないW記者。

今夏も安定した成績を残し、この秋も提供した勝負では8割を超える安定した成績を収めています。

そのW記者が
「今年のクラシックの集大成」
と公言してはばからないのが、来週行われる菊花賞です。

「ここに懸けているからな」

と言い続けてきたW記者。
だからこそ、この秋は菊花賞に特化した情報提供にこだわり、トライアルはもちろん、そこから派生した悠久特別などでも高配当的中を残し、皆様に
「実績だけで納得してもらう」
ことをやり続けてきました。

今週行われる秋華賞の外部チームによる提供をスンナリと受け入れたのも、
「俺は菊花賞だけで会員さんを満足させる。
この開催のすべてを、ここに費やしてもいいと考えてやっているから」
という意思があったからこそ。

それだけは皆様にご理解をいただきたいと今回、こちらでのご案内をさせていただいたわけです。

もちろん、すべての方にご理解をいただけるだろうとは思っていません。
そもそも、W記者の実績はおろか、我々が皐月賞、ダービーを完全的中させたことすら知らない方もいるわけですから、それは仕方がないことです。

ですが、我々としては、この実績、そして菊花賞に対する想い。
さらには、このクラシック最後の大一番にこそ、皆様と共に戦い、クラシック全券種、完全勝利を達成させたい。
せめて、そういう気持ちを伝えたいという方だけには、分かってもらいたい。

そう思う方がいることだけは、覚えておいてほしいと、このページを用意した次第です。
言葉は悪いですが、ご案内が届かなかった皆様については、我々としてはこれ以上のオファーもご案内もお送りするつもりはございません。

しかし、こちらをご覧いただいている皆様には、やはりいい情報があればそれで勝負をしてほしいと思いますし、なにより競馬で、我々の情報で勝利を手にしてもらいたいと思っております。

もちろん毎回、確実に勝つなどと言うつもりはありませんが、公言し、予告した勝負では結果を残していく。

これだけは徹底していきたいと考えております。

もちろん、その中心には常に、皆様にいてほしいのです。

W記者が一年をかけて築き上げてきた実績。

その集大成となる菊花賞。

我々としてはどうしても皆様に見届けてほしいと考え、折衝をづけてきました。
その結果
「ならばMAXで、あと50の枠のみ。
それ以上は無理。
参加される人が50以下なのは構わないが、それ以上に提供しないことを条件として、案内を出してもいい」
という回答を、W記者のブレーンから頂くことができました。

W記者としては
「できるだけ多くの人に勝負してほしいから。
ただ、それを情報元が納得してくれるかどうかだけなんだよ。
説得はするし、やっぱり、会員の皆様のことを最優先に考えたいから」
という気持ちでしたから、この決定を先方からもらえた時には、本当にホッとしたと言います。

それを伝えるために、今回は限られた方のみが対象ではありますが、皆様に御連絡をさせていただいたわけです。

秋華賞の提供枠追加は実現できませんでしたが、その代わりに今週は府中牝馬Sも用意することができました。

ここをステップに、来週の菊花賞に臨んでいただければ、これほど嬉しいことはありません。

また、今週は厳しいという方ならば、来週の菊花賞当週からのスタートも可能です。
いずれにせよ我々としては、皆様が胸を張ってW記者提供の菊花賞勝負をしてもらえることを最優先に考えております。

こちらをご覧いただいている皆様に関してましては1週間、じっくりとお考えいただき、ご決断をいただければと思っております。

今週からのスタートでも、来週からのスタートでも結構です。
東京・京都のGI開催で、きっちりと結果を残して、情報の正しさを証明したいと思います。

W記者の勝負。

クラシック3冠全券種パーフェクト的中を懸けて臨む勝負
「菊花賞」
この勝負、ぜひとも一緒に勝負してください。

宜しくお願いいたします。


============================
最終受付は来週金曜日まで
今週スタートなら2日分お得な【W記者枠優待】
クラシック3冠パーフェクト的中へ、
ぜひ勝負に出てください
============================

■W記者枠通常受付
10月18日(土)~11月16日(日):10日間

■情報料金
1万2960円(税込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■W記者枠下半期GI完全網羅プラン
10月18日(土)~12月28日(月):23日間

■情報料金
2万8080円(税込)

有馬記念及び、年末のTCK開催すべてを含めたセットとなっております。
ーーーーーーーーーーーーー
■受付方法
【銀行振り込み】

★振込先
三菱東京UFJ銀行
新宿通支店
普通預金口座
0085732

★受け取り人名:
有限会社 エムサットHR

お手間を取らせてしまいますが、手続き終了後は

d.bakenshi@gmail.com

まで、ご連絡をお願いいたします。

※容量の関係で、メール送付先がこちらになりますのでご注意ください。
お問い合わせについても、現在は上記アドレスにのみ対応しております。
お気軽にご相談ください。

【ご注意】
baken-shi@excite.co.jp

のアドレスは送信専用となり返信はできませんのでご注意ください。

★締め切り
今週の受付は10月17日(金)18時まで
来週は24日(金)18時まで受付を実施いたします。

何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

■伝説の馬券師
無料メール
d.bakenshi@gmail.com
ブログ
http://densetsunobaken.blog68.fc2.com/
                         
                                  
        

10.16今日の無料情報

category - 無料情報
2011/ 10/ 16
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです(今日のメイン、相手馬紹介中)。

現在30位くらいです(今日のメイン、軸馬とレース名を紹介中)。

正規メール会員の皆様への報告も終了。
あとは14時に無料メール情報の配信を予定しています。

メール送信をお忘れなく。

また、クリック情報ではメインレース情報を公開しています。
クリックひとつで広がるチャンス。

こちらもご期待ください。

単発公開は12時35分より
http://great.mailux.com/bno_buy.php?mm_id=MM4CDD3B57E6840
で行います。

こちらもご覧いただければと思います。

本日もよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

土曜日は4の3。秋華賞につながる的中も

category - 結果報告
2011/ 10/ 15
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです(秋華賞、危険な人気馬公開中)。

現在30位くらいです(秋華賞、危険な人気馬公開中)。

秋華賞前日。
天候が心配でしたが、正規メール会員の皆様に紹介した情報は、勝負レース2の2を含む4の3。
配当はともかく、今の3歳牝馬戦線の状況判断がハッキリとできていることを証明する的中もありました。
日曜日はより満足してもらわなければならないと思っています。
どうぞよろしくお付き合いください。
バナークリックでは秋華賞の危険な人気馬を公開中です。
                         
                                  
        

無料情報、通算1000勝まで残り【5】

category - 無料情報
2011/ 10/ 14
                 
人気ブログランキングへ 
↑現在80位くらいです。

現在30位くらいです。

正規メール会員へのお問い合わせ、お申し込みもずいぶんと頂戴している金曜日。

同時に
「無料情報でまずは試してみたいのですが…」
というメールも頂戴しています。

もちろん我々からすれば拒む理由はありません。
無料でお試しをいただき、納得していただければ正規メール会員にご参加いただければいいですし、納得していただけないのであれば、ご縁がなかったということで、それまでだと…。

そういうのは一向に構いません。

もっとも、はじめから嫌がらせやからかうだけという人もいます。

こういうのは勘弁してもらいたいところですが、まじめに「勝ちたい」「いい情報を探している」という方ならWELCOMEです。

その中で、ひとつだけ分かってもらいたいことがあります。

結論をやたらと急ぎすぎる人。

これだけは絶対にやめたほうがいいと思います。

当たる当たらないだけではなく、とにかく自分が見た、ファーストコンタクトだけで結論を出してしまうという方が、実際に多いんですね。

それだけ信用ままならない思いをさせているようなところがあるのでしょうけれど、極端な話999連勝している人がいて、次の1回の情報をはじめて見たとき、それが外れると、その時点でその人は
「ここは当たらない駄目なところだ」
と認識してしまう。

そういう人がいるんですね。

これは我々だけでなく、どこでもそうだとおもいますが、本当に安定した成績を確認するには3ヶ月は必要だと思っています。

ムラもありますし、得て不得手、コースの巧拙などもあるでしょう。

情報も、毎回良いネタが転がり込んでくるわけではありません。

そこで判断されるのがいいと思います。

余裕があるのなら、参加した最初の開催は少ない額での購入に留め、成績を確認したら徐々に資金を増やしていく。

そして3開催は見てみる。

そこで判断するという方法です。

なぜこのような話をしたかというとですね、我々がこれまで皆様に公開してきた無料情報。

こちらの通算成績を調べたのですが、現時点でスタートからの的中数が997本になっているんですね。
戦績は1623戦995勝
これは中央、地方、ブログ、メールすべてを合わせた無料情報の総数です。
この実績はハッキリ言って、胸を張って自慢してもいい成績だと思います。

なにしろ的中率6割を超えているのですから。
これは正規メール会員情報ではなく、これまで皆様がブログ、メールを通じて入手した無料情報のすべてです。

ちなみに中央だけの成績は795戦421勝
こちらも5割を超えています。

これは今までのトータルを計算した数値ですから、ブログをご覧いただいている皆様が証人になるわけです。

成績をトータルで見ていただければ、どれだけ当たっているかを理解していただけるのですが、997の証拠がある反面、624の裏切りもあったわけで、このときに初めて無料情報を利用された方の中には

「当たらないインチキ野郎」

と思われている可能性も当然あるわけです。

これは申し方がないこと。我々ができることといえば、この的中数を今後さらに増やしていくことだけ。

それが皆様の信頼を勝ち取ることにつながっていくのだと思います。

まずは通算1000ですね。

本日からの無料情報にはすべて、情報のほかにパスワードを設定いたします。

1000勝到達の際、そのパスワードを送信していただきましたら、その方には1000勝到達記念情報の公開をいたします。

この情報は結構熱いですよ。

それこそ、通常では無料情報の対象にはしないレースの情報です。

どのレースになるのかは達成時期により変わりますが、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

話題満載の10月開催。

一気に突っ走りますので、伝説の馬券師の応援、よろしくお願いいたします。

PS:1000勝チャレンジ情報は、メール配信する無料情報も対象になります。

無料メール情報をご希望の方は、上部にあるお問い合わせフォームからお申し込みをいただくか、

d.bakenshi@gmail.com

までメールを送信してください。

パスワード目的ではなくても必見の情報を配信させていただきます。

それでは今週末、よろしくお願いいたします。