2010年10月

        

今週の新聞を見れば真実と嘘が明らかになります

category - TMの独り言
2010/ 10/ 31
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

ブエナビスタの圧勝に終わった今回の天皇賞。

この結果でほとんどの競馬ファンの方は、分かったと思います。

何が本物か、そして、なにがいんちきなのかを。

我々が一環として言い続けてきたことはただ一つでした。

『今回のブエナビスタは完璧』

そして結果は?

皆様が一番良くお分かりだと思います。

少なくとも今回の結果において、ブエナビスタにマイナスの材料は、なにひとつとしてなかったのです。

これは何も、裏の情報を知ることなくしても分かったこと。

私たちはずっと、これを言い続けてきました。

ところがです。

今週のスポーツ紙の広告を見て、皆さんはどう感じたでしょうか?

以下はすべてスポーツ紙に載っていた情報会社のコピーです。

コピーが悪いのか?それとも情報力がないのかは定かではありませんが…

『ブエナビスタではない「鉄板」本物の関係者情報』。

『昨年のウオッカ(1番人気)同様に買ってはいけない馬が存在した』最大3000倍も十分にある【????ブハハハハハ(笑)】)

【NHKマイルC以来5ヶぶりに◎を超えた三重◎登場】(ブエナビスタは〇扱い)

こんな広告が紙面を踊ったわけです。

そして結果は皆さんが御存知のとおり、

【ブエナビスタ、これ以上ない完全勝利】

だったわけです。

勿論我々の軸は◎ブエナビスタでの的中。

(もっとも、買い目的には褒められたものではなかったと反省しております)

競馬ファンの皆様に安心して勝負してもらう◎がなんだったのか?

少なくとも今回のブエナビスタにはそれがありました。

そして、いかにも荒れそうな広告コピーを書き、事情も知らずに単に荒れると言い張る集客目当ての広告に掲載されたブエナ不安説。

これを見れば、何が真実か一目瞭然だったのかもしれません。

我々は結果がすべてです。

天皇賞ではたいした儲けが出ませんでしたが、明日はがっつりといきたいと思います。

会員の意皆様、そして新規で御参加いただく皆様。

明日の東京開催もがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

勿論、ブログでも同じようなものは蔓延っています。

真実は一つ、結果は常に同じで、情報クラスの差なく、誰もが平等に同じ的中結果が残せる伝説の馬券師の情報に、明日もJBCもよろしくお願いいたします。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

10.31TM推奨レース

category - 無料情報
2010/ 10/ 31
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

台風の影響で中止となった昨日の東京競馬。

比較的雨量が少なかったこと、そして早めに雨が上がったことなどもあり、おそらく馬場は急に回復するのではないかと思います。

確かに東京競馬場の馬場は水捌けが非常にいいのは事実ですが、常に一歩前倒しで発表するのがJRAですから、たとえ馬場は悪い状態であっても、早めに不良から重へ、重から稍重へと発表されますから、もしかすると天皇賞の時間には、限りなく重に近い稍重という馬場にまで回復するかもしれません。

その点を考慮して検討する必要があると思います。

さて、本日は14時にメールにて、無料情報の配信行おうかと考えているところです。

どこのレースを何レースにするかは、まだ決定していませんが、当初の予定にはなかったことですから、無料メール会員の皆様は、楽しみにしていただけたらと思っております。

また、本日は特別なお知らせもございますので、まだ無料メール会員になっていない方は、今すぐ
d.bakenshi@gmail.com
まで、未記入で結構ですので、メールを送信してください。

「登録しておいて良かった」
そう言ってもらえるお知らせですので、お忘れのないよう、お願いします。

それでは本日のTM推奨レースを紹介します。

今日は福島から1鞍の紹介です。

【福島11R:河北新報杯】

◎ 12エナジーハート
○ 9ロードバロック
▲ 15エーシンシークルー
△ 10メイショウサパト
注 6ニホンピログッテン
★ 1オメガユリシス

3ゴールドエンデバー
11ピースピース

道悪・小回り福島・ハンデ戦と三重苦が揃った条件戦。ここは昇級戦になるも、斤量に恵まれた◎から入りたいところ。
持ち時計も優秀で、条件的にはベスト。
脚質にも幅が出てきたのは魅力。
ここは上位4頭のボックス、そして◎からの馬連流しを併用で購入し、

3連複
軸1:12
軸2:9.15
相手:9.15.10.6.1.3.11
まで広げて購入したいところ。

本日もよろしくお願いします。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

10.30TM推奨レース

category - 無料情報
2010/ 10/ 30
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

東京開催が中止となった関係で、スケジュールが大幅に狂ってしまった。
そんな土曜日です。

そのため、ここでの無料公開も中止しようと思っていたのですが、予定を変更して福島から紹介させていただきます。

【福島10R:きんもくせい特別】
◎マイネジャンヌ

1勝馬同士なら力は上位の◎。
前走も直線での不利がなければ、さらに差は詰まっていたレース。
福島替わりも問題なく、更なる前進が見込めます。

タツミリュウを本線に。

以下
ヴィクトリースター
エーシンチャージ
スピードサクラ

本日もよろしくお願いします。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

今週の注目厩舎

category - 無料情報
2010/ 10/ 29
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

☆西園正都厩舎

2010年成績
【25・26・23・23・21・141】
勝率:0.097
連対率:0.197
複勝率:0.286

特別:7勝
重賞:3勝
(全国:20位)

2年連続30勝以上の成績を収め、今年も残り2開催でノルマ達成まではあと5勝。
今の馬質なら十分にクリアは可能だろう。
もちろん同厩舎の成績はロークラスで勝ち星を重ねるだけでなく、OP・重賞でもしっかりと結果を残しているのだからさすが。
今週のスワンSにはなんと3頭出し。
さらに天皇賞には
「馬場が渋るみたいだし、悪ければ悪いほど面白いんじゃないか」
というシルポートが。
スミヨンにも2鞍の依頼。
楽しみな馬と計算できる馬が揃った今週は要注意だ。

今週の出走馬
10月30日(土)
京都
3R:2歳未勝利 サダムパテック 牡2 55.0 C.スミヨン
11R:スワンS マイネルレーニア 牡6 57.0 和田 竜二
11R:スワンS エーシンフォワード 牡5 57.0 C.スミヨン
11R:スワンS ヘッドライナー せん6 57.0 酒井 学


10月31日(日)
東京
11R:天皇賞(秋) シルポート 牡5 58.0酒井 学
12R:東京ゴールデンP フィールドジュエル 牡8 57.0柴田 善臣

京都
2R:2歳未勝利 リトルエデン 牝2 51.0▲川須 栄彦
5R:2歳新馬 ハノハノ 牡2 55.0長谷川 浩大
6R:3歳上500万下 スペシャルロード 牡3 52.0▲川須 栄彦


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

今週の注目騎手

category - 無料情報
2010/ 10/ 29
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

☆ダグラス・ホワイト騎手

2010年成績
【14・6・13・5・2・22】
勝率:0.226
連対率:0.323
複勝率:0.532

特別:5勝
重賞:1勝

7月から8月の間、短期免許で来日し、小倉と北海道の4競馬場で騎乗。
8月14日に行われた未勝利戦でサクラエンブレムに騎乗し、降着処分を受けたことから、翌日の騎乗後に帰国。
「あの程度で騎乗停止は厳しいのではないか」
そんな声も聞かれたが、裁定は裁定。
今回は2日間限りの短期免許取得での天皇賞騎乗。

このパターンで思い出されるのは07年の有馬記念。
ロックドゥカンブはマイケルキネーンを背に4着だったが、今回も堀師と吉田和美オーナーは同じスタイルをチョイス。
春秋連覇の夢はC・ウィリアムズーD・ホワイトの外国人騎手に託される。

今年の複勝率5割男はここでも健在だ。

今週の騎乗馬
10月30日(土) 5回京都7日

1R:2歳未勝利
2R:2歳未勝利 リーガルファルコン 牡2 55.0 池江 泰寿
3R:2歳未勝利 クローバーリーフ 牝2 54.0 友道 康夫
4R:障害3歳上未勝利
5R:2歳新馬
6R:2歳新馬 アドマイヤスコール 牡2 55.0 友道 康夫
7R:3歳上500万下 ヴィーヴァレジーナ 牝4 55.0 作田 誠二
8R:3歳上500万下 マイネルパシュクル 牡3 55.0 加用 正
9R:萩S モスカートローザ 牝2 54.0 池江 泰寿
10R:西陣S
11R:スワンS アーバニティ 牡6 57.0 古賀 慎明
12R:3歳上1000万下 ドリームゼロワン 牡5 57.0 加用 正

10月31日(日) 4回東京8日

1R:2歳未勝利
2R:2歳未勝利 マイネルハイセンス 牡2 55.0 清水 英克 美 2歳未勝利
3R:2歳新馬
4R:2歳新馬
5R:3歳上500万下
6R:3歳上500万下 クーデワンダー 牡3 55.0 小島 太
7R:3歳上500万下 マサノウイズキッド 牡4 57.0 小島 茂之
8R:くるみ賞
9R:河口湖特別 ウインベルセルク 牡4 56.0 大久保 龍志
10R:紅葉S ラルケット 牝5 55.0 和田 正道
11R:天皇賞(秋) ジャガーメイル 牡6 58.0 堀 宣行
12R:東京ゴールデンP ウインブシドウ 牡3 55.0 池江 泰郎


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

【2鞍厳選】この情報だけは必ずご確認ください【この勝負】

category - NewsWire
2010/ 10/ 28
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

天皇賞、そしてスワンSの調教分析を紹介させていただいた本日。

現場からも続々と優良な情報が終結してきており、最終週を飾るにふさわしい内容が揃ってきました。

今週、皆さんに勝負していただきたい。いや、絶対に勝負してほしいレースが2鞍あります。

ひとつは天皇賞。

これについては中間も報告してまいりましたが、先週の菊花賞と同様に、しっかりと的中させたいと思っておりますし、できるだけの情報だと信じております。

そしてもうひとつ。

昨年の毎日王冠の週にご参加いただいていた皆様なら、よく覚えていると思いますが、あの日提供した
【T記者による責任提供レース】
相模湖特別の馬連4300円的中
を思い出してください。

あの時と同様の勝負を今週は1鞍、紹介させていただきます。

今週の勝負は、この2鞍だけで十分でしょう。

このレースと天皇賞に1万円の予算を用意してください。

その上で、正規メール会員情報として提供するこの2レースで勝負してください。

先週のブラジルカップと菊花賞の的中揃い踏みのインパクトも強烈でしたが、今週はこの2鞍で結果を残していきたいと思います。

この東京開催、というより、秋競馬に突入してからというもの、我々は毎週、皆様に同じことを語り続けてきました。

「時間はありません。気がつけば、今年の競馬は終わりますよ。できるだけ早いうちに動き、しっかりと結果を残すことが大事です」

そういい続けてきて、実際に賛同していただき、ご参加いただいた方も多いのですが、

「もう」は「まだ」

という方も多いのが現実です。

しかし、気がつけば10月開催も今週が最終週。

残されているのは、11月の東京・京都開催と、師走競馬の2開催だけです。

我々の情報も、すでに追い込み状態。

ラストスパートに突入しています。

2010年の競馬をしっかりと締めくくり、最後は笑って有馬記念、東京大賞典を迎えることができるためにも、ぜひ今週の勝負から動き出してはいかがでしょうか。

絶対に参加できない情報。
誰も聞けない情報。
結果が後から変わっている情報。
大袈裟な配当金自慢。


などなど、もうそんな情報に付き合っている時間はありません。

正統派・正攻法の情報でしっかりと成果を残していく。

今週の受付は明日の金曜日までです。

「鬱陶しい」
「自分でやるからいい」

そう考えている方もいると思いますが、この2本勝負だけは見逃さないでください。

締め切りは明日金曜日15時です。

最終週も、正規メール会員の皆様に満足していただける情報提供を行うべく、最善を尽くしてまいりますので、伝説の馬券師の情報をよろしくお願いいたします。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

スワンS、調教分析

category - 無料情報
2010/ 10/ 28
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

11R 第53回 スワンS(GII)
3歳以上 オープン 別定 1400m 芝・右 外 発走 15:35

アーバニティ 牡6 57.0D.ホワイト
27日南W 67.1-51.8-38.6-12.8(馬なり)
併せた相手をあっさりと煽り、意欲的な追い切りを消化。
久々も苦にしない動き。

アーリーロブスト 牡4 57.0池添 謙一
27日栗W 66.3-52.1-38.8-11.7(一杯)
追われてからの終いの伸びは目立つも、久々だけに気配は今ひとつ。
このひと追いでどこまで変わるか?

エーシンフォワード 牡5 57.0C.スミヨン
27日栗坂 50.9-37.0-24.4-12.5(一杯)
安田記念依頼の実戦だが、びっしりと追われて50.9。
坂路組の中でも動きは際立っていた。

グランプリエンゼル 牝4 55.0藤岡 佑介
27日栗坂 52.2-37.7-24.9-12.6(馬なり)
坂路で単走。
最後はセーブする形になったが、状態はまずまず。
ただ使い詰めで上積み感はない。

ショウナンアルバ 牡5 57.0四位 洋文
27日南P 49.9-35.6-13.7(馬なり)
今ひとつバランスの悪い走り。
動きも平凡で大きな強調材料はない。

ジョーカプチーノ 牡4 58.0藤岡 康太
27日栗坂 53.2-----12.8(一杯)
坂路で一杯も目立たず。
もう少しピリッとしてほしいのが本音。

ダノンムロー せん6 57.0武 豊
27日南W 64.4-51.0-37.9-13.4(直一杯)
終いに重点を置いた追い切り。最後まで気を抜くことなくしっかりと駆け抜ける。
叩いた効果は十分。

ファイングレイン 牡7 58.0勝浦 正樹
27日栗P 63.8-49.7-36.9-11.3(一杯)
終いの脚は目立つも、全体的には目立たず。
ポリトラック組は総じて内容に不満。

ファリダット 牡5 57.0小牧 太
27日栗P 77.9-62.4-49.3-36.8-12.9(一杯)
馬の仕上がりがいいため、1週早めての出走。
確かに全体的な時計は出たが、最後は止まった。
このあたりをどう判断するか。あまりいいとは言いたくないのが本音。

プレミアムボックス 牡7 57.0幸 英明
27日南W 68.1-52.3-37.7-12.5(馬なり)
馬なりで軽快な動きを披露。
身体も絞れ、上積み感のある仕上がり。
状態はなかなか良いようだ。

ヘッドライナー せん6 57.0酒井 学
27日栗坂 51.9-37.8-24.5-12.1(一杯)
スタートでのミスが響いた前走だが、仕上がりそのものは決して悪くはなかった。
今回も引き続き良好。
距離が伸びるのも都合はいい。

マイネルフォーグ 牡6 57.0川島 信二
27日栗P 66.1-50.9-36.8-11.8(一杯)
動き目立たぬポリトラック組の中でも、一番動きは見劣った印象。
大きく変わった印象はない。

マイネルレーニア 牡6 57.0和田 竜二
27日栗坂 52.9-38.1-25.3-13.0(強め)
終い追ったが内容は平凡。
よく言えばまとまった追い切りだったが、弾ける感覚がなかったのはマイナス。
叩いた効果はまだ薄い。

マルカフェニックス 牡6 57.0福永 祐一
27日栗坂 ーーーーーー12.5(一杯)
エラーのため、終いだけだが動きはなかなかのもの。
ただ、いつも言うように調教は動く馬だけに、これだけで大きく評価を上げるのは難しい。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

天皇賞(秋)調教分析=木曜版

category - GI特集ページ
2010/ 10/ 28
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

今週日曜日に行われる天皇賞の枠順が確定。
最終的にはシルクネクサスが回避したため、飛び込みでショウワモダンの出走が確定。
鞍上は、後藤騎手がネヴァブションに騎乗することから柴田善臣騎手にバトンタッチ。
連闘出の出走となった。
前売りは金曜日からウインズ新橋・ウインズ後楽園・ウインズ梅田・ウインズ難波で前々日発売を予定しているが、台風の進路が開催日に影響する可能性があるため、中止となる可能性もあるという。

2010年10月31日(日)
4回東京8日11R
第142回 天皇賞(秋)(GI)
3歳以上 オープン 定量 2000m 芝・左 発走 15:40


1 1 ショウワモダン 牡6 58.0柴田 善臣 杉浦 宏昭
レイティング:117(M)安田記念1着
連闘のため軽め
前走南W 71.4-54.9-39.1-13.0(馬なり)

富士Sからの連闘。
この東京開催で3走目ということもあり、さすがに上積みは感じられぬ動き。
現状をキープする調教。出否未定の状態だったため、先週の富士Sを使ったが、やはり毎日王冠から直行したかったというのが本音だろう。


1 2 ブエナビスタ 牝4 56.0C.スミヨン 松田 博資
レイティング:117(L)京都記念1着、ドバイシーマクラシック2着
27日栗W 83.5-67.4-52.0-37.5-11.7(強め)
前走栗W 83.3-66.9-51.7-37.7-12.2(一杯)

春先の今ひとつだったときと比べると、明らかに良い状態。
自分から積極的に動き、最後まで沈み込むようなフットワークで鋭く伸びた。
それでいながら
「まだ本気ではないんだけど」
というのだから、いかに今回が順調であるかがうかがい知ることができる。
松田調教師も
「納得できる仕上がり。文句はないよ」
と自信満々だった。


2 3 ジャガーメイル 牡6 58.0D.ホワイト 堀 宣行
レイティング:118(L-E)京都記念2着、天皇賞(春)1着
28日南P 50.4-36.5-12.1(強め)
前走南P 66.7-50.9-36.3-11.7(強め)

宝塚記念以来となる実戦。今回は前哨戦を使わずにぶっつけでの本番。
すでに先週に強いところはやっていることから、今回は終い重点での追い切り。
追われてからの反応も鋭く、しっかりと伸びていたあたりはさすがにGI馬といったところ。
「東京も合うし、仕上げに苦労するタイプではないから不安はない。相手は揃ったけれど、この馬も春の天皇賞馬。しっかりと仕上がった」


2 4 エイシンアポロン 牡3 56.0蛯名 正義 岡田 稲男
レイティング:111(M-I)弥生賞2着、毎日王冠2着
27日栗坂 52.4-37.1-24.4-12.3(一杯)
前走栗坂 54.4-38.7-24.8-11,9(強め)

いかにも最終追い切りといった感じで、終い重点にびっしりと追われたが、合図にも鋭く反応し、伸び脚も良好。
確実に良化している印象。
「時計も動きも申し分ない。不安よりも楽しみの多いレースになりそうだ。
実績のある東京で、前走よりもさらなる前進を期待している」
関係者も納得の仕上げ。


3 5 オウケンサクラ 牝3 54.0北村 宏司 音無 秀孝
レイティング:108(M)桜花賞2着
27日栗坂 51.6-37.3-24.5-12.5(強め)
前走栗坂 50.5-37.2-24.9-12.8(馬なり)

秋華賞から中1週と強行ローテーションだが、春もこの馬は押せ押せのスケジュールの中で結果を出してきた馬。
今回も軽めではなくしっかりと追われており、状態は良好。
相手は一気に強くなるが、この馬なりには走れそうだ。


3 6 スマイルジャック 牡5 58.0三浦 皇成 小桧山 悟
レイティング:116(M)安田記念3着
27日南W 71.7-55.3-40.1-12.5(直一杯)
前走南W 69.4-54.1-40.2-12.9(G強め)

調教の動きは可もなく不可もない。
ただ、直線では仕掛けた割りに伸びは今ひとつ。
特に変わった印象もなく、平行線の内容。


4 7 ペルーサ 牡3 56.0安藤 勝己 藤沢 和雄
レイティング:113(L)青葉賞1着
27日南芝 65.2-50.3-36.7-12.1(馬なり)
前走南芝 64.3-50.1-36.7-11.5(馬なり)

準OPのレッドシューターを7馬身追いかける形での併せ馬。
徐々に差を詰めながら直線で内に進路を採るとそのままの形で併入。
駆けつけた安藤騎手の手綱は最後まで動かずだった。
追い切りとしては軽めの内容で正直
「これでいいのか」
というほどのもの。
これでガラリと替わる印象はほとんど感じられなかった。


4 8 シルポート 牡5 58.0酒井 学 西園 正都
レイティング:106(M)エプソムC2着
27日栗坂 52.4-37.7-24.7-12.5(一杯)
前走栗坂 52.5-38.0---12.6(一杯)

坂路でしっかりと負荷をかけられ、切れのある動きを披露。
「先週もしっかりと追えたし、今日も終いはびっしり。状態は本当に良い。
これで雨があればもっと楽しめるんだが。降れば降るほどいいよ(笑)」


5 9 トウショウシロッコ 牡7 58.0吉田 豊 大久保 洋吉
レイティング:112(L)オールカマー3着
27日南坂 56.0-37.4-24.3-12.0(G強め)
前走南坂 55.8-38.1-24.9-12.5(馬なり)

坂路で終い重点の追い切り。
追われてから少しモタついた先週とは違い、幾分軽さも出てきた。
大きな上積みは感じられないが、この馬なりに順調だ。


5 10 シンゲン 牡7 58.0藤田 伸二 戸田 博文
レイティング:114(L)オールカマー1着
27日南W 66.0-52.0-38.9-13.3(馬なり)
前走南W 67.1-52.1-38.3-12.7(G強め)

先週の段階で仕上がっているだけに、今回は単走でさっと流した程度。
集中力を欠くこともなく、最後までしっかりとした脚取りで走っており、状態は良さそうだ。
「昨年よりも今年のほうが動きもいいし、状態も明らかに上。
去年は変わらない順調さが必要だったが、今年は上積みが感じられる。
この馬の力は出せる状態だ」


6 11 アクシオン 牡7 58.0武 豊 二ノ宮 敬宇
レイティング:113(I)札幌記念3着
27日南芝 62.6-48.2-35.2-11.2(馬なり)
前走函芝 63.2-48.3-36.4-12.5(馬なり)

いつものように今回も馬なりの最終調整。
手綱を取った武騎手も満足そうな動きで最後までしっかりと伸びた。
終いの時計は11.2.
時計の出る芝コースだったとはいえ、なかなかの動き。
大きな上積みはないが、状態は悪くない。


6 12 アーネストリー 牡5 58.0佐藤 哲三 佐々木 晶三
レイティング:118(I-L)宝塚記念3着、札幌記念1着
27日栗坂 51.9-37.5-24.7-12.7(強め)
前走函W 71.0-54.7-40.9-12.1(G強め)

札幌記念後はじっくりと乗り込んできただけあって、久々とは思えぬ最終追い切り。
単走で終いだけ仕掛ける内容だったが、追われてからの反応は圧巻で、豪快なストライドで鋭く伸びた。
余力を残した仕上げとはいえ、状態は凄ぶる順調。
「注文のない仕上がりになった」
陣営も納得の最終追いだった。


7 13 ヤマニンキングリー 牡5 58.0吉田 隼人 河内 洋
レイティング:-
27日栗W 82.1-65.9-49.9-36.5-11.8(馬なり)
前走函W 66.4-51.4-37.4-12.4(一杯)

先週仕上がっていたため、今週は単走。
スムーズな走りで順調な仕上がりぶりをアピール。
「ようやく納得できる状態になってきた。叩き2戦目で上向いてきているし、この馬らしい競馬はできるよ」


7 14 ネヴァブション 牡7 58.0後藤 浩輝 伊藤 正徳
レイティング:115(I-L)アメリカJCC1着、クイーンエリザベス2世C4着、宝塚記念5着
27日北C 64.7-49.9-37.1-12.4(馬なり)
前走北C 65.9-50.9-37.3-12.4(馬なり)

前走と同じ内容での調整。ただ、息遣いや身体周りなどは、正直言って前走時のほうがよかったというのが率直な意見。
一息入って大きく変わったというよりは、休養明けで馬ができていたことから、それを維持できるかどうかが重要といったところ。
そういう意味では気持ち、不満を感じるないようだった。


7 15 スーパーホーネット 牡7 58.0藤岡 佑介 矢作 芳人
レイティング:116(M)安田記念2着
27日栗W 80.3-65.4-51.1-37.7-12.8(一杯)
前走栗W 64.2-49.9-37.6-12.5(一杯)

先週は坂路で追い切りを行い、今日はウッドでの併せ馬。
格下のテンザンモビールを6馬身追走し、直線では5馬身突き離した。
「休み明けとはい、えこれだけ動けば心配はない。距離も大丈夫だし、不安はない」


8 16 キャプテントゥーレ 牡5 58.0小牧 太 森 秀行
レイティング:113(M-I)読売マイラーズC3着、朝日チャレンジC1着
27日栗坂 51.5-37.4-24.6-12.2(G強め)
前走栗坂 50.2-36.4-23.8-11.8(G強め)

単走ながら動きは鋭く、この日の坂路組ではもっとも良いといえるだけの動きを披露。
自己ベストの時計となった22日の追い切りにも劣らぬ最終追い切りとなった。
「早い時計が出やすい馬場だったけれど、それを差し引いても動きはよかった。
今回は中間も理想どおりの調教ができたし、仕上がりには納得している」
東京コースは今ひとつだが、仕上がりに関しては問題ない。


8 17 コスモファントム 牡3 56.0松岡 正海 宮 徹
レイティング:108(I(D) ジャパンダートダービー2着
27日栗坂 55.1-40.0-25.5-12.5(馬なり)
前走栗坂 51.9-37.9-24.9-12.5(一杯)

前半から自分から動き、スピード感のある走りを披露。
実質、日曜日の追い切りで仕上がっているだけに、今回は最後まで軽めの調整だが、状態は絶好。
「仕上がりは問題ない。後は相手関係が通用するかどうか。それだけだろう」


8 18 アリゼオ 牡3 56.0福永 祐一 堀 宣行
レイティング:114(M)毎日王冠1着
28日南W 53.9-39.2-13.5(馬なり)
前走南W 52.5-38.5-13.2(馬なり)

ポリトラックで単走のジャガーメイルとは異なり、ウッドで3頭併せとなったアリゼオ。
カールファンターレとゴシックという2頭を従えての追い切りは、最後方から追走し、徐々に差を縮めていく形。
直線では最内に進路を採ると、馬なりのまま最先着。
「しっかりと折り合えたし、内容もよかった。中2週だから、これで十分。天候も味方してくれそうだし、まだこれからの部分もあるけれど、いい競馬が出来ると思う」



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

天皇賞(秋)枠順確定

category - GI特集ページ
2010/ 10/ 28
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

今週日曜日に行われる天皇賞の枠順が確定。
最終的にはシルクネクサスが回避したため、飛び込みでショウワモダンの出走が確定。
鞍上は、後藤騎手がネヴァブションに騎乗することから柴田善臣騎手にバトンタッチ。
連闘出の出走となった。
前売りは金曜日からウインズ新橋・ウインズ後楽園・ウインズ梅田・ウインズ難波で前々日発売を予定しているが、台風の進路が開催日に影響する可能性があるため、中止となる可能性もあるという。

2010年10月31日(日)
4回東京8日11R
第142回 天皇賞(秋)(GI)
3歳以上 オープン 定量 2000m 芝・左 発走 15:40

1 1 ショウワモダン 牡6 58.0柴田 善臣 杉浦 宏昭
レイティング:117(M)安田記念1着

1 2 ブエナビスタ 牝4 56.0C.スミヨン 松田 博資
レイティング:117(L)京都記念1着、ドバイシーマクラシック2着

2 3 ジャガーメイル 牡6 58.0D.ホワイト 堀 宣行
レイティング:118(L-E)京都記念2着、天皇賞(春)1着

2 4 エイシンアポロン 牡3 56.0蛯名 正義 岡田 稲男
レイティング:111(M-I)弥生賞2着、毎日王冠2着

3 5 オウケンサクラ 牝3 54.0北村 宏司 音無 秀孝
レイティング:108(M)桜花賞2着

3 6 スマイルジャック 牡5 58.0三浦 皇成 小桧山 悟
レイティング:116(M)安田記念3着

4 7 ペルーサ 牡3 56.0安藤 勝己 藤沢 和雄
レイティング:113(L)青葉賞1着

4 8 シルポート 牡5 58.0酒井 学 西園 正都
レイティング:106(M)エプソムC2着

5 9 トウショウシロッコ 牡7 58.0吉田 豊 大久保 洋吉
レイティング:112(L)オールカマー3着

5 10 シンゲン 牡7 58.0藤田 伸二 戸田 博文
レイティング:114(L)オールカマー1着

6 11 アクシオン 牡7 58.0武 豊 二ノ宮 敬宇
レイティング:113(I)札幌記念3着

6 12 アーネストリー 牡5 58.0佐藤 哲三 佐々木 晶三
レイティング:118(I-L)宝塚記念3着、札幌記念1着

7 13 ヤマニンキングリー 牡5 58.0吉田 隼人 河内 洋
レイティング:-

7 14 ネヴァブション 牡7 58.0後藤 浩輝 伊藤 正徳
レイティング:115(I-L)アメリカJCC1着、クイーンエリザベス2世C4着、宝塚記念5着

7 15 スーパーホーネット 牡7 58.0藤岡 佑介 矢作 芳人
レイティング:116(M)安田記念2着

8 16 キャプテントゥーレ 牡5 58.0小牧 太 森 秀行
レイティング:113(M-I)読売マイラーズC3着、朝日チャレンジC1着

8 17 コスモファントム 牡3 56.0松岡 正海 宮 徹
レイティング:108(I(D) ジャパンダートダービー2着

8 18 アリゼオ 牡3 56.0福永 祐一 堀 宣行
レイティング:114(M)毎日王冠1着

のちほど、木曜版の調教分析も更新予定ですのでお見逃しなく。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
                         
                                  
        

ドラフト会議を目前にしての戯言

category - TMの独り言
2010/ 10/ 28
                 
皆様のクリックが大きな励みとなりますし、モチベーションも高められます。
わずか数秒の手間が大きな情報へとつながりますので、ぜひご協力ください。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
競馬

このコラムが更新されるのはおそらく、日付が変わって28日になっていると思う。

担当者も結構忙しいようなので仕方がない。

木曜日といえば、やはり日曜日に出走予定の馬の最終追い切りがあったり、出走確定が出たりと、何かと忙しい。専門紙・スポーツ紙の記者ならダンゴ打ちもあるし、厩舎回りももちろんやらなければならない。

遊んでいる時間はまったくといっていいほどないのだが、そんな28日はプロ野球のドラフト会議も行われる。

今年はなんと言っても大学組。

広島の前田健太投手や楽天の田中将大投手と同学年になる88年世代に逸材が溢れている。

早大の抑えのエースである大石達也投手に、先発の柱だった、ご存知斉藤佑樹投手。

また、中大には157kをマークした澤村拓一投手もおり、このあたりの選手は誰の目から見ても特Aクラス。

八戸大の塩見投手、早大の福井投手(彼は87年組ですね)、法大の加賀美投手、佛教大の大野投手など、本当に枚挙に暇がない。

その代わり、野手となると東海大の伊志嶺選手か広島経済大の柳田選手あたりといったところか。

社会人でも東京ガスの榎田・美馬両投手、NTT西日本の安部投手をはじめ、注目株の選手が多数。

あまり選手紹介ばかりになると、何のコラムなのか分からなくなるのでこのあたりにしておくが、非常に楽しみの多いドラフトになりそうだ。

指名される選手からしてみれば、自分の一生を左右するかも知れぬ運命の日。期待と不安は相当なものだといえそうだ。

ところでこのドラフト会議だが、騎手の世界でも導入できないものかと思うのだ。

現在はJRAが白井の競馬学校。NARは地方競馬教養センターがあり、期間もJRA3年、地方2年、費用もJRAが総額で380万円程度、NARで約144万円ほどという違いはあるが、それぞれが独自に騎手の育成を行っている。

これ以外にも民間や海外の競馬学校などもあり、騎手を目指している若者は殊の外多い。

JRAもNARも一応は、競馬学校を卒業しただけで騎手になれるのではなく、騎手試験に合格してはじめて騎手になることができると謳っている。

とはいえ、留年などはあるものの、卒業した者が騎手試験に落ちたという話は聞かない。

まず合格する、というよりは、合格する状態になってはじめて卒業という形になるといったほうがいいかもしれない。

卒業し、デビューした後の活躍云々は別として、一応はJRAとNARの施設を卒業さえすれば、騎手への道はまず確保できる。

だがそれ以外のルートから騎手を目指すという人の場合、実質的には門が閉ざされているのが現実である。

そんな彼らに対し、少しでも可能性を開いてあげることはできないものかと考えてしまうのだ。

そこでドラフトである。

民間の騎手学校出身の騎手志望者を集め、地方・中央関係なく、各厩舎が候補生を指名していくのである。

もちろん騎手になるには、それぞれの所属する主催者の騎手試験を合格することが前提だが、たとえば3年程度の育成期間のようなものを設けてやり、厩舎のスタッフとして働きながら、ノウハウを身につけていく。そんな可能性があってもいいのではないかと考えてしまうのである。

もちろん、期間内に騎手試験に合格できなければ騎になることはできない。また、合格までの期間が長引けば、それに順ずる形で見習い騎手の減量特典を減らすなどのペナルティーがあってもいい。

少なくとも新人騎手が、それこそ3年も経たずにさっさとフリーになっている現状を考えれば、彼らのほうがよっぽど真剣に厩舎作業をやりそうな気がする。

競馬学校ができる以前は、厩舎に弟子入りし、住み込みで厩舎作業をしながら騎手を目指していたのだから、この制度自体あってもいい、というよりは、もっと機能してもいいのではないかと思うのである。

騎手になる可能性が増えるということは同時に、乗れない騎手の入れ替わりも激しくなるのだが、優勝劣敗の世界なのだから致し方のないことだろう。

プロの世界なのだから、厳しさは当然必要である。

最近は馬主会からも預託料引き下げを求められ、厩舎スタッフの削減も要求されている。

ただでさえ競馬学校を卒業した厩務員などが厩舎に入れずに待機している状況で、一説では7年待ちなどと言われているほどである。

そんな状況の中、今よりも多くの人間に門戸を開くというのは、半ば自殺行為に思われるかもしれないが、やはりどんな業界であっても、分母が増えれば優秀な人材も増えるのは当然のことであり、結果が出なければ淘汰されるのは仕方のないことだ。

そういう激しい争いがあるからこそ、本当のプロが育つのではないかと思うのだ。

ドラフトがなければ私もきっと、こんなことは口にしなかったのだが、我々が、ファンがお金を張る相手には、それくらいの気概とプロ根性、そして技術があってもいいのではないか。いや、あって当然という考えでいてもらわなければならない。

それはともかく、運命を聞けるドラフト会議。

厩舎関係者の間でも、少なからず話題になるはず。

明日はこれを挨拶代わりにして、取材をすることにしよう。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い