2000年10月

        

スプリンターズS、木曜報告

category - 無料情報
2000/ 10/ 02
                 
いつもお世話になっております。
伝説の馬券師です。

今週からスタートする秋のGIシーズン。
開幕を飾るのはスプリンターズSです。

12年ぶりとなる新潟開催。
正直に言って陣営の反応は真っ二つ。

「なんで今年に限って中山じゃないんだよなあ…」
中京で行われるCBC賞や高松宮記念で結果が出ていない陣営からは、そんな愚痴が。
U記者も、この中間はずいぶんと聞かされたそうです。

実際、これだけのメンバーのうち、新潟で走ったことがあるのはわずか6頭。
ロングラン開催で使われ、荒れてきた馬場は先週もそうでしたが内が壊滅的。
しかし、内回りコースに限ると、内に僅かな部分だけ、グリーンベルトが残されており、そこを通った馬が、意外と渋太い粘りを見せているのも特徴。
外回りはともかく、差し馬が何でもかんでも外々となるところ、そのベルトを通った馬だけが唯一の残れる。
そんな競馬も考慮しなければなりません。

どうしても新潟の直線というだけで、外の差しというイメージに捉われやすいですが、それはどの陣営も同じ考え。
腹を括って突ける。
そんな馬もすでに発見していますし、思わぬ伏兵候補ももちろんクローズアップ済み。

「W記者の菊花賞ばかり注目されているけど、いやいや、なんのために俺がここまで動かなかったのか。
そして、W記者のことだけ、サポートしてきたのかをね、会員の皆様には考えてほしいよ。
実際、前哨戦でも、的中させていながら騒がなかった。
どちらかというと俺は、自信のあるときほど無口になるタイプだから」

U記者によれば、W記者の動きが派手だったからこそ、自分は水面下で慎重に動けたのだと言います。
本業の記事でも、恐ろしいほど静かだったのはそのためだといいます。

「うん、それでいいんだよ。
俺の仕事は分かっている。
しっかりと結果を残して、良い形でね、Wさんにつなげること。
いや、やっぱりクラシック3冠すべてて、全券種をパーフェクトで獲るってすごいことだから。
それも決して順当ばかりじゃないしね。
3連複でも7000円台、2万越えの万券でしょ。
俺も3冠完全勝利を見たいし、応援しているから。
それに気持ちよく、ひとりでも多くの会員様が参加できるように、スプリンターズSで結果をね。
期待してほしいし、本当に、待ち望んでいた一番。

やるべきことはやったからね。

自信を持って参加してほしい」

U記者は力強く語ってくれました。

後はもう、皆様の判断に委ねるしかありません。

感謝デイ、秋華賞、菊花賞の情報参加権利に関しても、この受付がラストチャンスとなります。
当週の新規受付は致しますが、これらのレースには当週からの参加はできませんので、注意ください。

GI開催前半こそが、我々の勝負のとき。
受付は金曜日15時までで、当日枠受付はございませんのでごちゅういください。
(最下部に受付要綱を添付してあります)

今回は、全体ではありませんが、スプリンターズSの調教分析も紹介させていただきます。
我々の情報収集が極めて順調であることを勝目しています。
一部、買い目に直結したり、消し、軸に絡む報告があるため、割愛している部分がございますが、ご確認いただければと思います。

自信を持って攻めていただく秋のGI前半戦。
今週の一歩こそが、すべてのチャンスとなります。
感謝デイ、秋華賞、菊花賞。

すべてを捨てるような選択だけはしてほしくありません。
この勝負、ぜひ一丁噛んでください。

宜しくお願いいたします。




平成26年10月5日(日) 
第3回新潟競馬 第8日 第11競走 
第48回スプリンターズステークス(GI) 
1,200m(芝)
(国際)(指定) サラブレッド系3歳以上 3歳55kg 4歳以上57kg(牝馬2kg減)

新潟2002

アフォード
牡 6 57蛯名  北出
Rtg.103 S 春雷S1着
1栗坂 52.1-36.9-23.7-12.0(馬なり)

栗東で見ていたK記者から
「こら、化けるかもしれんな」
と報告があったのがこの馬。
馬なりで単走もキレのある走りで、しっかりと時計を刻んでいた。
「動きは上々。
最近では一番いいよ」
と北出師。

蛯名も先週確認し、
「脚質は合うとは言えないけれど、前半からでもキッとsている走りをするからね。
終いは確実に脚を使うし、嵌れば面白いんじゃない」
と納得した印象。
丁半博打の馬だが、魅力はある。


アースソニック
牡 5 57石橋  中竹
Rtg.104 S アイビスサマーダッシュ3着
1栗坂 51.6-37.7-24.8-12.7(一杯)

前走と大きくは変わらず。
良くいえば順調だが、悪くいえば上積みのない状態。
軽い走りの馬だけに、今の荒れて力の要る馬場になると正直どうか…
展開的にはこの馬が最も、済し崩しになりそうだが…


ガルボ
牡 7 57津村  清水英
Rtg.112 S 函館スプリントS1着
1南P 66.6-51.6-37.4-11.6(強め)

状態変化があまりない馬で、今回も順調そのもの。
ただ、いくらか追い不足を感じさせるところがあり、前走と比べるともうひと押し欲しい印象も。
格好はつけてくれそうだが…


グランプリボス
牡 6  57三浦 矢作
Rtg.119 M 安田記念2着
1栗坂 51.3-37.8-25.2-12.9(一杯)

ケイリンボスとの併せ馬。
ジョッキー騎乗。稽古では元々動くタイプだけに先着は当然のこと。
相手も格下だけに、それそのものは妥当。
前半の入りが速かったこともあり、時計は出ているが、追われてからの粘りという面では、安田記念のほどではない印象。
1200mよりも、やはり本質はマイルか。
ここではなく、京都が本番になりそうだ。


コパノリチャード
牡 4  57浜中 宮
Rtg.117 S 高松宮記念1着
1栗坂 52.4-38.5-25.3-12.9(一杯)

坂路での単走追い。
ぶっつけ本番になったことの影響もあり、前半の入りとは違い追われてからの反応はいまひとつ。
キレがなく、伸びそうで伸びないというのではなく、「あれ?」っという感じのラスト。
いい時だとこんなことはないのだが、そのあたりはおいいに気掛かり。
左回りの新潟は悪くない条件なのだが…


サンカルロ
牡 8  57吉田豊 大久保洋
Rtg.103 M 阪急杯2着
1南W 79.5-65.7-52.0-13.8(馬なり)

ウッドでの併せ馬。
以前なら黙っていても攻めでは動いていたのだが、今回は馬なりのまま、ごく平凡な追い切りに。
決して悪くはないのだが、この馬本来の動きとしては、決して思えない単調な内容だった。
身体も、いくらか寂しく見えた。
今回は果たして…


ストレイトガール
牝 5 55岩田  藤原英
Rtg.111 M ヴィクトリアマイル3着
1栗W 69.5-52.6-38.4-11.8(馬なり)

CWで単走。
身体もふっくらと見せており、コンディションは上々。
先週が最終追いで、今週は状態確認だが、キビキビとした動きで自然自然と動き、思った以上に好タイムをマーク。
北海道にいた時よりもいい感じにすら感じられた。
前走も仕上がりは悪くなく、インベタにこだわり進路が作れず惨敗したのは100%鞍上の責任。
岩田もそれは分かっており
「バラけ新潟なら」
と荒れた最終週の状態に不安はない様子。
今夏、新潟参戦をしていたのも、この馬のことがあったから。
ヘグらなければ、力は出せる。


スノードラゴン
牡 6 57大野  高木
Rtg.108 S 高松宮記念2着
1南坂 53.1-39.0-25.6-12.6(馬なり)

先週も非常に好気配。ただでさえ数が少ない美浦所属のGI出走馬で目立つのに、動きでさらに引き付けていたのが尾の馬。
今週は直前ということを考慮し、サッと追われただけだが、大きな身体を器用に使い、際立つ伸び脚を披露。
身体も、いつものこの馬の応対を維持しており、好仕上がり。
これだけ動けば問題ないだろう。
力は出せる。


セイコーライコウ
牡 7 57柴田善  鈴木康
Rtg.107 S アイビスサマーダッシュ1着
1南坂 56.0-39.3-26.3-13.9(一杯)

坂路で併せ馬。
相手が格下であるにもかかわらず、ラストでお釣りがなくなり、アッサリと突き離される。
普段から攻め馬は走らないタイプであるとはいえ、ちょっと動かなすぎた印象。
新潟は確かに合うが、事、ここに関していうなら、現状は直千でこその存在。
さすがにこのメンバーではどうか…


ダッシャーゴーゴー
牡 7 57北村宏  安田
Rtg.-  
1栗坂 51.9-37.3-24.0-12.2(一杯)

良い頃の状態になく迫力もひと息。
長欠明けを叩いたが、まだこの馬らしい重厚さが出てこないのは気になるところ。
追われてからの反応はいくらかよくなっているが、年齢的にもガラリというものではないだけにどうか…
今回も微妙だ。


トーホウアマポーラ
牝 5 55幸  高橋亮
Rtg.103 S CBC賞1着
1栗坂 52.3-37.3-24.0-12.2(一杯)

坂路での併せ馬。
牝馬の出走当週ということでサッと流す程度かと思われたが、併せ馬でしっかりと負荷をかけられ先着。
時計もこれなら十分で、しっかりとやれたというのは、それだけ状態がいいという判断にして良さそうだ。
身体もふっくらとしており、非常に映えるつくり。
いい形でレースに使えそうだ。


ハクサンムーン
牡 5 57戸崎  西園
Rtg.110 S セントウルS2着
1栗坂 54.0-39.0-25.0-12.3(強め)

実質の最終追い切りは先週完了。
今週は終いの反応を確認する程度でサッと追われ、伸びそのものは上々。
ただ、前走を叩いた上積みという点で考えると、正直言ってそこまで大きな変わり身はない。
さすがに今回は行かざるを得ない形になうと思うが、最終週の新潟1200m
他も早めに動くことを考えると、今回は楽な競馬にはなりそうにはない。
「新潟だと、そこまでは」
というのが本音のようだ。


ハナズゴール
牝 5 55Dペロヴィッチ  加藤和
Rtg.114 M オールエイジドS1着
1新ダ 52.5-36.9-11.8(一杯)

僅か3頭が滞在の新潟。
海外遠征の疲れは特に感じさせず、身体もこの馬らしさと言っていいくらいまで戻ってきている。
ダートでの追い切りもスムーズで、しっかり負荷をかけられ、上々の伸びを見せた。
1200mは正直いいとは言えないが、この馬としては順調。


ベルカント
牝 3 53武豊  角田
Rtg.105 M フィリーズレビュー1着
1栗坂 51.8-37.4-24.2-12.1(強め)

坂路での併せ馬。
攻め駆けするのはいつものこと。この時計も特に気にする必要はない。
ただ、相変わらずワンペースでの動きだけに、どのポジションからでもバタッとくることがない反面、スパッというのもない。
今の新潟もどうか?
状態尾のものは悪くないのだが、強気にはなれない。


マジンプロスパー
牡 7 57小牧  中尾
Rtg.108 S キーンランドC3着
1栗坂 52.1-37.8-25.0-13.2(馬なり)

坂路で単走。
馬なりでサッと流したが、見た目は少し硬さを感じさせる動き。
とはいえ、終いこそ楽をさせたが、時計そのものは悪くない。
ガラリ一変とまではいかないが、順調ではある。
長い直線の左回りでの小牧は、少し不安ではあるが…


マヤノリュウジン
牡 7 57池添  庄野
Rtg.108 S UHB賞1着
1栗坂 54.7-39.1-24.7-11.9(一杯)

前走から中2週。
使い詰めで来ていることから、ラストはいくらか余力を残す形での併せ馬。
前半楽な入り方だったが、徐々にピッチアップしていき、スムーズに加速。
終いは合図一閃でガツンと反応。
一気に3馬身突き放して見せた。
「最後まで集中していて、良い反応だった。
最後は必ずいい脚を使える馬。
輸送で身体が大幅に減るのは嫌だが、それがなければ」
と庄野師。
力は十分出せそうな状態だ。


レッドオーヴァル
牝 4 55田辺  安田
Rtg.104 S キーンランドC2着
1栗坂 52.8-37.4-23.7-11.7(強め)

坂路で単走。
札幌では滞在競馬だったこともあり、使っていた割には身体への負担は少なく順調。
仕上がっていることもあり、終いだけやる形だったが、ステッキが入ってからの反応は断然。
「カチッ」とスイッチが入った音が聞こえてきそうな反応で脚を伸ばし、この時計。
動きそのものにも迫力が出てきており、440k台の4歳牝馬とは思えぬ力強さ。
状態は確実に上向いている。
攻め駆けする馬とはいえ、十分目を引く動きだった。


ローブティサージュ
牝 4 55秋山 須貝
Rtg.106 M 阪神牝馬S3着
1栗W 50.5-35.8-11.8(一杯)

CWで短めながら負荷をかけられ、まずまずの伸び。
ただ、前走と比べても、あまり良くなったようには感じられず。
ということは、そこがピークか……
身体も少し細く映るだけに、当日は馬体中に注意。
前走ほど恵まれることはないと思うが…



============================
クラシック3冠完全制覇へ
W記者、渾身勝負の全券種提供他、魅力満載の秋GI開催
秋華賞&菊花賞参加権利付き受付要綱
============================
※いずれの受付も、来週の通常受付は8日間(ご継続感謝デイは含みません)
GI完全網羅プランは3万6720円での受付となります(11月の3日間開催は含まれます)。

■通常受付
10月5日(土)~11月2日(日):11日間
ご継続感謝デイのご参加も含まれます。

■情報料金
1万2960円(税込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■待望の下半期GI完全網羅プラン
10月5日(土)~12月28日(月):28日間

■情報料金
3万4560円(税込)

有馬記念及び、年末のTCK開催すべてを含めたセットとなっております。
ーーーーーーーーーーーーー
■受付方法
【銀行振り込み】

★振込先
三菱東京UFJ銀行
新宿通支店
普通預金口座
0085732

★受け取り人名:
有限会社 エムサットHR

お手間を取らせてしまいますが、手続き終了後は

d.bakenshi@gmail.com

まで、ご連絡をお願いいたします。

※容量の関係で、メール送付先がこちらになりますのでご注意ください。
お問い合わせについても、現在は上記アドレスにのみ対応しております。
お気軽にご相談ください。

【ご注意】
baken-shi@excite.co.jp

のアドレスは送信専用となり返信はできませんのでご注意ください。

★締め切り
10月3日(金)15時まで受付を実施いたします。

何かございましたら、お気軽にご連絡ください。