TMの独り言

        

凱旋門賞的中も、不要馬を採り上げる記事に感じる憤り

category - TMの独り言
2017/ 10/ 02
                 
凱旋門賞。

「まあ、ああなるしかないか…」

そんな決着に。

今回のレースで気になったのは、報道に対する姿勢。

国内で馬券を売る以上、JRAからは外国馬も含めて平等な情報のリリースが求められている海外のレースだが、ふたを開けてみれば今回も、陣営への忖度と言っていいほどの、サトノ報道。

少なくともフォワ賞終了時点では、明らかに、本番では一文の価値もないことは分かっていたはずだが、それでも外国馬より紙面を割いての報道。

挙句、現地まで記者を派遣したり、フリーを雇って記事を書かせ、そいつらがデンマに少なからずとも印を打つという愚行。

ハッキリ言って酷いものだ。

正規メール会員の皆様には、当然、凱旋門賞はエネイブルから入り、
サトノの2頭はそれこそ、チンギスシークレットあたりと同様に無印。

馬連も3連複も的中し、海外G1の勝率は83%

スプリンターズSのメラグラーナやビッグアーサーもそうだが、やはり無理な馬は素直に無理だと言ってあげなければ、
ファンも興醒めしてしまう。

もっとも、情報を提供する立場からすれば、そういうのがいるのはプラスではあるのだが。

せっかくの海外遠征ということで、贔屓目の報道は仕方がないという声もあるが、それはあってはならないことだと思う。


レースでは強い馬が強い勝ち方をしてみせた。
まあ、それがすべてだろう。

2着クロスオブスターズ
3着ユリシーズも、買うべくして買えた馬。

ユリシーズと言えば、故寺山修司氏が、昭和42年に南関で所有していた馬と同名。
聞くところによると、生涯唯一の所有馬だったという。

そういえば
『戦後詩 ユリシーズの不在』

という本もあった。

yurisi


ちょうど青森県三沢市にある『寺山修司記念館』では20周年記念特別企画展として

『寺山修司とマンガ』

というのが行われていた。

寺山漫画


その最終日に凱旋門賞で、ユリシーズという馬が馬券になったというのも、面白い話だ。

いずれにせよ的中も、もっと勝てたはずだという反省が残った凱旋門賞だった。
                         
                                  
        

当初の目的に帰り、今週は攻めます

category - TMの独り言
2017/ 09/ 25
                 
いつもご覧いただき、ありがとうございます


オールカマー、神戸新聞杯、阪神最終レース。

3本的中もレース内容には不満大の日曜日。

土曜日の勝負も堅めだったため、いまいち満足できない開催でした。

無料情報はちょっと攻めてみようと、一縷の望みで、確勝馬ではなく、
「数%の可能性」
に賭けての情報だったのですが。

そういう情報では中途半端な結果になってしまうのが残念なところ。
無料情報でも結果を残したかったのですが、

そういう冒険があればこその好配当的中なのですが、やはり

「下手くそ」
「ざまあ」

など、心無いメールがわずかながら混ざっているのを見ると、無料情報などやるものじゃないのかという気持ちにさせられます。

それでも我々は、今週からのGI に向け、準備をし、結果を残してはいるのですが…

今週末の勝負。
そういう余計なことは一切排除し、正規メール会員の皆様のためにすべてを注いでまいります。

余計なことに気も、時間も使わず、目的はただひとつ
「正規メール会員の皆様だけが勝てばいい」

無料メール会員の皆様の9割以上は状況を理解してくれているのですが、やはり、少数意見であっても、茶化すだけの方のための情報に労力は割けないので。

残念至極ですが、ご理解ください。

今週もやることはただひとつ。
週末の勝負。

どうぞよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

明日も

category - TMの独り言
2017/ 09/ 24
                 
公開する無料会員様がいないよう。
正規メール会員の皆様が、当然の権利を享受できるように頑張ります。

「やればよかった」

というなら、今動いてほしいですし、明日の情報はちょっと違うので・

期待してください。

明日も我々あhそれに応えます。

レース後、四の五の言い訳はしません。

明日の情報

どうぞよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

連では全切りの御神本で正解だったTCK開催

category - TMの独り言
2017/ 08/ 31
                 
「逆張りの大井」

4日間の変則開催でしたが、話題が豊富だったこの開催。
焦点は、御神本の処遇。

これで明暗が分かれたかもしれません。

昔から、ある噂もあって、
「信用はできない」
というのが我々の見解。

中央の某ジョッキーもそうでしたが、やはり火のないところに煙は立たないですから、まあ

それはともかく、この復帰開催で我々が選択したのは

「連対は全切り」

いや、これだけブランクがあれば、たとえムーアでもスミヨンでもそりゃあ消します。

あるジョッキーに言わせると
「行く馬ばかり乗っていると、レース勘ってなかなか戻らないんだよ。
差す馬、中団からの馬で慣れて、ペース判断を思い出す。
それが良いんだ」

行った者勝ちになりやすい地方ですから、なかなかああいう競馬をしていると、勘は取り戻せないんですよね。

まあ、それはそれで好都合でもありますが。

週末にかかる船橋開催はケンの方向で。

来週。

2日目からの川崎開催。
よろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

今日の検証で…

category - TMの独り言
2017/ 08/ 28
                 
文男さんのお家芸もアレ
(あのイヤらしい僅差は名人芸といってもいいやり方ですね)

ですが、復帰した御神本。
おそらくは
「当面は大人しくしておけ」

ということなのでしょう。

森下も
「あれ?」
という感じでしたから。

アフター5スター賞

で、ヨイショがなければ、御神本、この開催は全切りでいいかもしれません。