FC2ブログ

GI特集ページ

        

JC追い切りを見て

category - GI特集ページ
2019/ 11/ 22
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

デンマを見て、15頭中9頭せけるが、その中にこの一頭が…

category - GI特集ページ
2019/ 11/ 21
                 
ジャパンCの枠順が確定。
スタッフは今日の追い切り終了後慌ただしく民族大移動。
そんな木曜日でした。

===================
11/24 東京11R
第39回ジャパンカップ(GI)
芝2400m 発走15:40

1 1カレンブーケドール 牝3 53津村 国枝
2 2ワグネリアン 牡4 57川田 友道
2 3ウインテンダネス 牡6 57田辺 杉山
3 4ムイトオブリガード  牡5 57ルメール 角田
3 5スワーヴリチャード 牡5 57マーフィー 庄野
4 6ユーキャンスマイル 牡4 57岩田康 友道
4 7ダイワキャグニー 牡5 57石橋 菊沢
5 8レイデオロ 牡5 57ビュイック 藤沢和
5 9ルックトゥワイス 牡6 57デット-リ 藤原英
6 10ダンビュライト 牡5 57松若 音無
6 11シュヴァルグラン 牡7 57スミヨン 友道
7 12タイセイトレイル 牡4 57Mデム-ロ 矢作
7 13エタリオウ 牡4 57横山典 友道
8 14マカヒキ 牡6 57武豊 友道
8 15ジナンボー 牡4 57ムーア 堀

===================
まあ、デンマを見れば見るほど悲しくなるもので、果たしてこれに1着賞金3億円の価値があるのかと…

今年のGI勝ち馬はゼロ。
重賞でも4頭のみ。

挙句、ウインテンダネスのアサヒ牧場がなければ、出走馬は全て社台グループ。

要は、ウインが勝たなければ、それだけで御の字という、まるで某テレビ番組の
「ガストVSジョナサン対決」
のような身内バトル。

今週、ずっと言い続けていますが、配当以外に何の魅力も感じない。
そんな番組です。

今年のポイントとしては正直
「どこまで恵まれたか?」
これだけが取捨になるレース。

枠、斤量、鞍上、状態、展開…
色々と要素はありますが、今回はその中でも特に恵まれたと言えそうな存在が一頭。

しかも、誰もがデンマを見て、まず9頭ほどバッサリと切り捨てられるであろう中に、その一頭は含まれているだろうというのが、今日のスタッフの見立て。

追い切りや近況、そして横の比較をすれば間違いなく一枚落ちますし、屋根もあまり…

ただ、こういう馬がひと工夫を要求してくるのが、JC的中の答えといえます。

明日、正規メール会員の皆様にはそれを発表しますが、
「これが無ければ買う価値は無い」
今年のJCの答えは、それに尽きると言っていいでしょう。

詳しい解説は明日、JC以上の魅力ある勝負となりそうなレースのデンマが載った夕刊紙、専門紙をご覧いただきながら解説を

『外人BOX』
そんなつまらない買い方では無く、一歩工夫をした買い目を。
JC開催。
楽しんでください。

■伝説の馬券師
無料メール
dbakenshi2019@yahoo.co.jp
ブログ
http://densetsunobaken.blog68.fc2.com/
                         
                                  
        

「なるほど」そんな言葉が思わず出してしまう情報を

category - GI特集ページ
2019/ 09/ 26
                 
スタッフの中でも論点の的になっているのが展開。

今回は前前で捌きたい馬が多く、冷静に考えればハイペースは必至。
当然、素直に考えれば前崩れの終い勝負の馬に分があると判断するのがベター。

なのですが、先週までの中山は、前残りの馬場。

ファンの皆様もですが、関係者もこの辺りは頭の整理がなかなかできないというのが本音。

そんな中、ある関係者はこう言います。
「流れじゃないんだよ。
要はいかに気分よくレースができるかどうか
どんなハイペースだって、自分の流れならばあっさり残る馬もいるし、逆にスローに落とせたからといって、自分が折り合いを欠いたら、そりゃあ余力は無い。

多頭数でこれだけ先行馬が揃うと、内がごちゃつくという考えになる人もいるけど、意外とアッサリ馬群が割れたりする
つまり、勝負に大事な要素というのはもう一つ先。
どの馬がいかにして自分のペースでの競馬ができるか?

これが短距離戦のすべて。
それが分からない人が多いから、実際は全く悩む必要のないファクターで、『ああでもない』『こうでもない』と余計なことで悩むんだ。
このレースはもっと素直でいい。
そういう考えで対峙すれば、勝つ馬、連対候補。
結構素直に見つかると思う。
ただ、一つだけブラックボックスがあるから、それだけは注意。
我々の情報はそんな形で組み立てている。

軸はそれなりに人気かも知れないが、相手はかなり面白い。
悪くない配当。
期待して欲しい」

おそらく、皆様が迷えば迷うほど
「やっぱり」
そんな馬が馬券になりそうなスプリンターズS
もし迷っているのであれば、迷いなき軸をすでに夏の段階で決めている我々の情報で、勝負してみて下さい。

「なるほど」
そんな言葉が思わず出してしまう情報を提供して見せますので、ご期待ください。
                         
                                  
        

JBC金曜ミーティング

category - GI特集ページ
2018/ 11/ 03
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                         
                                  
        

菊花賞、ワンポイント報告(果たしてあの馬への印は?)

category - GI特集ページ
2018/ 10/ 21
                 
菊花賞ワンポイント。

ワンポイントよりは厚みを持たせた形になりましたね。

お申し込みいただいた皆様に先ほど配信させていただきました。

ご査収くださった皆様。
ありがとうございました。